電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-18 11:05
ソースコードの「自然さ」を利用した自動生成ファイルの特定
土居真之肥後芳樹有馬 諒下仲健斗楠本真二阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,ソースコード解析に関する研究が盛んに行われている.ソースコードの解析において,解析対象のソースファイルの中には自動生成ファイルが含まれていることがある.しかし解析結果が目立たない場合や解析時間が増加する場合があるため,多くの場合自動生成ファイルは除外して解析する必要がある.自動生成ファイルを除外する方法として,ソースコードが自動生成ファイルであるかを目視で判定するという方法がある.しかしこの方法は時間的コストが大きくなってしまう.他にも自動生成ファイル内に存在する特有のコメント文を文字列検索することにより特定するという方法があるが,この方法に関しても,自動生成ファイル特有のコメント文が消された場合に,自動生成ファイルを自動的に特定できないといった問題がある.そこで本研究では,自動生成コードとしての「自然さ」と人が作成したコードとしての「自然さ」を比較することで任意の自動生成ファイルを自動的に特定する手法を提案する.コードの自然さ,すなわち,自動生成あるいは人が生成したコードとしてもっともらしい度合いは,確率的言語モデルであるN-gram言語モデルによって数値化する.この提案手法を評価するために,4つの自動生成プログラムから生成された自動生成ファイル群を対象に実験を行った.その結果,高い精度で自動生成ファイルを特定できた.また,機械学習に基づいた既存の手法と比較した結果,精度が向上していることを確認した. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) 自動生成コード / N-gram言語モデル / ソースコード解析 / / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 381, SS2017-37, pp. 19-24, 2018年1月.
資料番号 SS2017-37 
発行日 2018-01-11 (MSS, SS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SS MSS  
開催期間 2018-01-18 - 2018-01-19 
開催地(和) 広島市立大学サテライトキャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和)  
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2018-01-SS-MSS 
本文の言語 日本語(英語タイトルなし) 
タイトル(和) ソースコードの「自然さ」を利用した自動生成ファイルの特定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英)  
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 自動生成コード /  
キーワード(2)(和/英) N-gram言語モデル /  
キーワード(3)(和/英) ソースコード解析 /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 土居 真之 / Masayuki Doi / ドイ マサユキ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 肥後 芳樹 / Yoshiki Higo / ヒゴ ヨシキ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 有馬 諒 / Ryo Arima / アリマ リョウ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 下仲 健斗 / Kento Shimonaka / シモナカ ケント
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 楠本 真二 / Shinji Kusumoto / クスモト シンジ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-18 11:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SS 
資料番号 IEICE-MSS2017-50,IEICE-SS2017-37 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.380(MSS), no.381(SS) 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MSS-2018-01-11,IEICE-SS-2018-01-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会