お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-23 15:00
雛形化による手続き的知識の汎化
吉成未菜里東北大)・横井 祥乾 健太郎東北大/理研DE2017-36
抄録 (和) 目的達成のための一連の手続きを記した「手順文書」に対する検索や要約,クラスタリングといった各種情報処理が盛んに研究されている.手順文書に記されている手続きに対してある種の「雛形」ができれば,前述の処理を含む手順文書に対する様々な処理が可能になると考えられる.本研究では「雛形」を手続きに対する確率的生成モデルとし,同じ目的を持つ手続きの集合から手続きの生成モデルを学習する。手続きの集合を構文木の集合,確率的生成モデルを文法と見なすと,確率的生成モデルの学習は構文木の集合からの文法抽出の問題と考えることができる.本稿では,文法として特に確率文脈自由文法を採用し,確率文脈自由文法による生成モデルで手続きの特徴をある程度捉えることができることを示す. 
(英) In this research, we attempt to learn procedural templates from sets of procedures which achieve a common purpose. Our hypothesis is that the templates of procedures enable us to conduct more efficient information processing, such as information retrieval, summarization, and clustering. Our proposal is (1) to adopt probabilistic generative models as templates, and (2) to regard learning probabilistic generative models as grammar extraction. In this paper, we adopt probabilistic context-free grammar. We report generative models with probabilistic context-free grammar capture the features of the procedure to a limited extent.
キーワード (和) 手順文書 / 手続き的知識 / 確率的生成モデル / / / / /  
(英) procedural texts / procedural knowledge / probabilistic generative models / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, 2017年12月.
資料番号  
発行日 2017-12-15 (DE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード DE2017-36

研究会情報
研究会 DE CEA IPSJ-DBS  
開催期間 2017-12-22 - 2017-12-23 
開催地(和) 国立情報学研究所(NII) 
開催地(英) National Institute of Informatics 
テーマ(和) データ工学と食メディア、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CEA 
会議コード 2017-12-DE-CEA-DBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 雛形化による手続き的知識の汎化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Learning Templates for Generalizing Procedural Texts 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 手順文書 / procedural texts  
キーワード(2)(和/英) 手続き的知識 / procedural knowledge  
キーワード(3)(和/英) 確率的生成モデル / probabilistic generative models  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉成 未菜里 / Minari Yoshinari / ヨシナリ ミナリ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 横井 祥 / Sho Yokoi / ヨコイ ショウ
第2著者 所属(和/英) 東北大学/理化学研究所 (略称: 東北大/理研)
Tohoku University/Institute of Physical and Chemical Research (略称: Tohoku Univ./RIKEN)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 乾 健太郎 / Kentaro Inui / イヌイ ケンタロウ
第3著者 所属(和/英) 東北大学/理化学研究所 (略称: 東北大/理研)
Tohoku University/Institute of Physical and Chemical Research (略称: Tohoku Univ./RIKEN)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-12-23 15:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CEA 
資料番号 IEICE-DE2017-36 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.374 
ページ範囲 pp.103-107 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-DE-2017-12-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会