電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-21 10:55
防災指向型雨量情報合成における高リスク優先手法の提案
佐野仁美お茶の水女子大)・生駒栄司東大)・喜連川 優NII)・小口正人お茶の水女子大MoNA2017-30
抄録 (和) 近年,日本では局地的大雨の事象が増加傾向にある.このため降雨情報の迅速な取得と情報共有は水災害に関する防災対策上重要な課題と考えられる.国土交通省が全国に設置したXRAINは高い分解能と観測時間の大幅短縮を実現し、局所的豪雨の観測に極めて有用となった。しかし現状の観測域は全国総てを網羅していない。一方、広域的な観測に向くC-band radarの観測域は日本全国を網羅している。しかし局所的豪雨の観測は難しく、両レーダの特徴は相反関係にある。そこで我々はXRAINの観測情報をC-band radarの情報で補完して局所的豪雨を含む日本全体の雨の状況を把握する方法を検討した。本研究では、XRAINとC-band radarの観測情報を防災指向で合成する手法を提案し、局所的豪雨を含めた日本全体の観測情報をリアルタイムで表示することを可能とした。本稿では本提案手法および実装結果を紹介する. 
(英) In recent years, the phenomenon of localized bursts of rainfall has increased in Japan. For this reason, collecting and sharing rain information quickly is the most important issue in terms of disaster prevention measures related to water disasters. XRAIN, which is suitable for the observation of localized heavy rain, enables high resolution observations and drastic shortening of observation times. However, the observation area of XRAIN does not cover all of Japan. Conversely, C-band radar, which is suitable for wide-area observation, covers the entire country of Japan, but it has difficulty to observing localized heavy rain. Both radars have opposite characteristics. For this reason, we examined a method that complements observation information from XRAIN with that of C-band radar to determine the rain situation in all of Japan, including localized heavy rain. In this study, we also proposed a method that synthesizes observation data of XRAIN and C-band radar and uses our proposed disaster prevention-oriented method. As a result, our method made it possible to display observation information throughout Japan, including localized heavy rain, in real time. The proposed method and implementation results are described in this paper.
キーワード (和) XRAIN / X band MP radar / C-band radar / ビッグデータ / 降雨 / 局所的豪雨 / 水災害 / 防災  
(英) XRAIN / X band MP radar / C-band radar / Big Data / rainfall / Localized heavy rain / Water diaster / Disaster prevention  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 371, MoNA2017-30, pp. 15-18, 2017年12月.
資料番号 MoNA2017-30 
発行日 2017-12-14 (MoNA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MoNA2017-30

研究会情報
研究会 MoNA  
開催期間 2017-12-21 - 2017-12-21 
開催地(和) お茶の水女子大学 
開催地(英) Ochanomizu University 
テーマ(和) クラウド、ビッグデータ、無線通信および一般 
テーマ(英) Cloud computing, Big data, Wireless network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2017-12-MoNA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 防災指向型雨量情報合成における高リスク優先手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of High Risk Priority Method for Disaster Prevention-Oriented Rainfall Information Synthesis 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) XRAIN / XRAIN  
キーワード(2)(和/英) X band MP radar / X band MP radar  
キーワード(3)(和/英) C-band radar / C-band radar  
キーワード(4)(和/英) ビッグデータ / Big Data  
キーワード(5)(和/英) 降雨 / rainfall  
キーワード(6)(和/英) 局所的豪雨 / Localized heavy rain  
キーワード(7)(和/英) 水災害 / Water diaster  
キーワード(8)(和/英) 防災 / Disaster prevention  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐野 仁美 / Hitomi Sano / サノ ヒトミ
第1著者 所属(和/英) お茶の水女子大学 (略称: お茶の水女子大)
Ochanomizu University (略称: Ochanomizu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 生駒 栄司 / Eiji Ikoma / イコマ エイジ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Tokyo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 喜連川 優 / Masaru Kitsuregawa / キツレガワ マサル
第3著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Informatics (略称: NII)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小口 正人 / Masato Oguchi / オグチ マサト
第4著者 所属(和/英) お茶の水女子大学 (略称: お茶の水女子大)
Ochanomizu University (略称: Ochanomizu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-12-21 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoNA2017-30 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.371 
ページ範囲 pp.15-18 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MoNA-2017-12-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会