お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-21 16:15
アキュームレータを用いた評価値ベースのブラックリスト型匿名認証
金谷健士中西 透広島大ISEC2017-81 COMP2017-35
抄録 (和) グループ署名などの従来の匿名認証では、ID管理者が正規ユーザを特定できてしまう問題がある。この解決策としてブラックリストを用いた匿名認証が提案されている。この方式では、ユーザはブラックリストに過去の自身のセッションIDが含まれないことを証明することでID管理者なしで認証される。 しかし、正規ユーザか不当ユーザかの単純評価しかできないため、悪いアクティビティを行えばその程度に関わらず一度で不当ユーザとなってしまう。

そこで本研究では、評価値ベースのブラックリスト型匿名認証を提案する。被評価者は自身のアクティビティに対してサービス提供者か他ユーザからセッションの終了時に評価を受ける。サーバ側で保存したこれまでの全ユーザのセッションにおける評価値と、認証を行うユーザのセッションIDの集合が与えられたとき、新しく構築するアキュームレータでは、そのユーザの評価値の和のみを示すことできる。アキュームレータでは各情報が圧縮されるため、効率的に検証可能である。これを従来方式に組み込むことにより、評価値ベースブラックリスト型匿名認証を提案する。さらにPCで認証の処理時間を計測し実用性を示す。 
(英) Conventional anonymous authentication such as group signature has a problem that the ID administrator can specify the authorized user. As a solution to this problem, anonymous authentication using a blacklist has been proposed. In this method, the user is authenticated without the ID administrator by proving that the past own session IDs are not included in the blacklist. However, since it can only perform a simple evaluation of whether he / she is an illegal or not. If a bad activity is performed, it becomes an illegal user at once. This evaluation does not depend on its degree.

Thus, we propose a reputation-based blacklistable anonymous authentication in this research. The user receives a score from the service provider or other users after the session for his / her activity. When scores in sessions of all users and session IDs of the authenticated user are given, newly constructed accumulator can show "only" the sum of scores of the user. Since each information is compressed in the accumulator, it can be verified efficiently. By incorporating this into the previous scheme, we propose a reputation-based blacklistable anonymous authentication. Additionally, the processing time of authentication is measured by a PC to show the practicality.
キーワード (和) 匿名 / 匿名認証 / アキュームレータ / ブラックリスト / / / /  
(英) Anonymity / Anonymous Credential / Accumulator / Blacklist / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 369, ISEC2017-81, pp. 59-65, 2017年12月.
資料番号 ISEC2017-81 
発行日 2017-12-14 (ISEC, COMP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ISEC2017-81 COMP2017-35

研究会情報
研究会 ISEC COMP  
開催期間 2017-12-21 - 2017-12-22 
開催地(和) 高知工科大学永国寺キャンパス 
開催地(英) Eikokuji Campus, Kochi University of Technology 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2017-12-ISEC-COMP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アキュームレータを用いた評価値ベースのブラックリスト型匿名認証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Blacklistable Anonymous Credential System with Reputation Using Accumulator 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 匿名 / Anonymity  
キーワード(2)(和/英) 匿名認証 / Anonymous Credential  
キーワード(3)(和/英) アキュームレータ / Accumulator  
キーワード(4)(和/英) ブラックリスト / Blacklist  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 金谷 健士 / Takeshi Kanatani / カナタニ タケシ
第1著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中西 透 / Toru Nakanishi / ナカニシ トオル
第2著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-12-21 16:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2017-81,IEICE-COMP2017-35 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.369(ISEC), no.370(COMP) 
ページ範囲 pp.59-65 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-ISEC-2017-12-14,IEICE-COMP-2017-12-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会