電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-21 14:10
[招待講演]データを暗号化したまま分析できる秘密計算その仕組みと実用に向けた研究
菊池 亮NTTISEC2017-78 COMP2017-32
抄録 (和) プライバシに係わるデータや機密データは,分析によって知見が得られるとしても公開できない.このようなデータを利活用するために,データ自体は暗号化して秘匿しつつも,そのデータの分析が可能な技術であるemph{秘密計算}が,いま注目されている.秘密計算は,その原理は1980年代に既に知られていたものの,2000年代に入っても,データを通常通りに(秘匿せずに)処理する場合に比べ処理速度が遅く,実用にはまだ遠い技術であった.しかし昨今の技術の進展により,実用的なレベルまで高速化されてきている.本公演では秘密計算の原理と,その高速化の取り組み,特に秘密計算特有のアルゴリズムの構成方法を紹介する. 
(英) Secure computation, also known as secure multiparty computation, is a method to compute a function on encrypted data. This method attracts attention since it enables privacy-preserving data analysis on sensitive data. Although secure computation had not been used in practice due to its inefficiency, the efficiency of secure computation has been improved greatly, and recently several implementations are used in practice.
In this talk, we provide brief introduction of secure computation, and several studies for improving efficiency. Especially, we try to explain why secure computation will be inefficient, why we require a tailor-maid algorithm for secure computation, and how to construct it.
キーワード (和) 秘密計算 / プライバシー保護 / 秘密分散 / 暗号 / / / /  
(英) secure computation / secure multiparty computation / privacy-preserving data analysis / secret sharing / cryptography / data-obliviousness / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 369, ISEC2017-78, pp. 41-41, 2017年12月.
資料番号 ISEC2017-78 
発行日 2017-12-14 (ISEC, COMP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ISEC2017-78 COMP2017-32

研究会情報
研究会 ISEC COMP  
開催期間 2017-12-21 - 2017-12-22 
開催地(和) 高知工科大学永国寺キャンパス 
開催地(英) Eikokuji Campus, Kochi University of Technology 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2017-12-ISEC-COMP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) データを暗号化したまま分析できる秘密計算その仕組みと実用に向けた研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Foundations and practical studies of secure computation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 秘密計算 / secure computation  
キーワード(2)(和/英) プライバシー保護 / secure multiparty computation  
キーワード(3)(和/英) 秘密分散 / privacy-preserving data analysis  
キーワード(4)(和/英) 暗号 / secret sharing  
キーワード(5)(和/英) / cryptography  
キーワード(6)(和/英) / data-obliviousness  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊池 亮 / Ryo Kikuchi / キクチ リョウ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-12-21 14:10:00 
発表時間 60 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2017-78,IEICE-COMP2017-32 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.369(ISEC), no.370(COMP) 
ページ範囲 p.41 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-ISEC-2017-12-14,IEICE-COMP-2017-12-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会