電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-19 10:55
エナジーハーベスティング用極低電力動作GaAs pHEMT整流器
大吉一成石川 亮本城和彦電通大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) IoTセンサーネットワークシステムに用いられる各種センサー等の低電力回路の駆動用として環境電磁波を収集するエナジーハーベスティング技術が注目されている.今回,このエナジーハーベスティング技術の核となるコンポーネントの1つである,極低電力高周波-直流変換を行うための900MHz帯GaAs pHEMT整流器の開発を行った.低電力で高効率の変換効率を得るためには,低電力でもトランジスタを非線形動作させる必要があり,そのための十分な電圧振幅を与える必要がある.そこで,外側に接続される整合回路・直流負荷回路のインピーダンスを増加させることにより,低電力でも電流のみを絞って電圧が保てるように調整を行った.以上の方針で実際にGaAs pHEMT整流器の試作・評価を行い,RF-DC変換効率が-17 dBm以上の入力電力で10%以上,-30 dBm入力で約1%,また,-30 dBm入力時の直流出力電圧が9.1 mV,等々の特性を得た. 
(英) An ultra-low-power GaAs pHEMT rectifier has been developed at 900 MHz band for IoT sensor network systems based on an energy harvesting technique. To obtain a high-efficiency characteristic, a nonlinear operation has to be imposed for the rectifier even if at the ultra-low input power. By increasing a drain termination impedance and DC load resistance, a distorted voltage swing at a transistor to obtain an sufficient rectified DC output is achieved at the ultra-low input power. A fabricated rectifier exhibited an RF-to-DC conversion efficiency of more than 10% at an input power of more than -17 dBm, and about 1% was obtained at -30 dBm input with a DC output voltage of 9.1 mV.
キーワード (和) センサーネットワーク / GaAs pHEMT整流器 / 低電力 / / / / /  
(英) Sensor network / GaAs pHEMT rectifier / Low power / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 366, MW2017-143, pp. 7-11, 2017年12月.
資料番号 MW2017-143 
発行日 2017-12-12 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2017-12-19 - 2017-12-20 
開催地(和) 国士舘大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 学生研究会/マイクロ波一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2017-12-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) エナジーハーベスティング用極低電力動作GaAs pHEMT整流器 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Ultra low power GaAs pHEMT rectifier for energy harvesting system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) センサーネットワーク / Sensor network  
キーワード(2)(和/英) GaAs pHEMT整流器 / GaAs pHEMT rectifier  
キーワード(3)(和/英) 低電力 / Low power  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大吉 一成 / Kazumasa Oyoshi / オオヨシ カズマサ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 亮 / Ryo Ishikawa / イシカワ リョウ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 本城 和彦 / Kazuhiko Honjo / ホンジョウ カズヒコ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-12-19 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2017-143 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.366 
ページ範囲 pp.7-11 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-MW-2017-12-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会