お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-19 15:50
振幅と位相を独立制御可能な反射回路と可変減衰移相器の提案
富田翔晴北林 智宮路祐一田村昌也豊橋技科大MW2017-151 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2017-151
抄録 (和) 可変アッテネータと移相器はさまざまな無線システムに用いられている.しかしながら,これらを組み合わせて一体化し小型化に向けた例が少ない.本報告では振幅と位相の両方を独立制御可能な反射回路を提案し,その反射回路を用いて可変減衰移相器が構成できることを示す.はじめに振幅と位相を独立に制御できる条件から反射回路を考案した.提案回路は3 dB方向性結合器に可変抵抗と可変容量を終端した構成である.提案反射回路の回路方程式を導出し,回路の動作原理を示す.これにより可変抵抗と可変容量によりそれぞれ独立に減衰量と位相を制御できることを理論的に示す.実証では3 dB方向性結合器にブランチライン形90度ハイブリッドを採用し,作製する.加えて,作製した反射回路にサーキュレータを用いて可変減衰移相器を構成し評価を行う.その結果,回路方程式の結果と良好な一致を示した. 
(英) Variable attenuators and phase shifters are used in various wireless systems. However, there are few reports for miniaturization by combining them. In this report, we propose a reflective circuit that makes both amplitude and phase variable, and suggest that variable-attenuation-phase shifter can be constructed using the proposed circuit. The reflective circuit is searched for topology from the condition that amplitude and phase can be independently controlled. The proposed circuit is composed a 3-dB directional coupler terminated with a variable resistor and two variable capacitors. The proposed reflective circuit is shown the operation principle from the derived circuit equation. It is theoretically shown that the attenuation amount and the phase shift are independently controlled by the variable resistance and the variable capacitance. In demonstration, we adopt branch-line hybrid coupler for 3-dB directional coupler and fabricate it. The variable-attenuation-phase shifter is constructed by the fabricated reflective circuit using the circulator and is evaluated. As a result, it is shown a good agreement with the calculated result.
キーワード (和) アナログ可変回路 / 可変減衰器 / 移相器 / 反射負荷 / 3dB方向性結合器 / / /  
(英) Analog variable circuit / Variable attenuator / Phase shifter / Reflective load / 3-dB directional coupler / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 366, MW2017-151, pp. 53-58, 2017年12月.
資料番号 MW2017-151 
発行日 2017-12-12 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2017-151 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2017-151

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2017-12-19 - 2017-12-20 
開催地(和) 国士舘大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 学生研究会/マイクロ波一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2017-12-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 振幅と位相を独立制御可能な反射回路と可変減衰移相器の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of Reflective Circuit and Variable-Attenuation-Phase Shifter with Independently Controllable Amplitude and Phase 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アナログ可変回路 / Analog variable circuit  
キーワード(2)(和/英) 可変減衰器 / Variable attenuator  
キーワード(3)(和/英) 移相器 / Phase shifter  
キーワード(4)(和/英) 反射負荷 / Reflective load  
キーワード(5)(和/英) 3dB方向性結合器 / 3-dB directional coupler  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 富田 翔晴 / Shosei Tomida / トミダ ショウセイ
第1著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 北林 智 / Satoshi Kitabayashi / キタバヤシ サトシ
第2著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮路 祐一 / Yuichi Miyaji / ミヤジ ユウイチ
第3著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田村 昌也 / Masaya Tamura / タムラ マサヤ
第4著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-12-19 15:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2017-151 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.366 
ページ範囲 pp.53-58 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MW-2017-12-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会