電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-18 14:05
[招待講演]次世代無線通信システムに向けた電波伝搬研究の取り組み
齋藤健太郎高田潤一東工大)・金 ミンソク新潟大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 携帯電話に代表される無線通信システムは今や我々の生活に欠かせないインフラとなっている.
近年では,ネットワークの通信容量を抜本的に向上するために第5世代移動通信システム(5G)の研究が盛んに行われているが,
5Gシステムが想定する高周波数帯無線の移動通信システムへの適用性は不明な点も多い.
本稿では,上記課題を解明するために実施した11GHz帯チャネル測定の研究成果を紹介する.
高周波数帯では拡散散乱が発生しやすくなる事に着目し,屋内測定データからアレー信号処理により散乱成分の解析を行った.
拡散散乱成分は伝搬遅延・到来角度の広い領域に分布しており,MIMOチャネルの影領域領域や交差偏波領域の特性に大きな影響がある事を示した.
一方,Internet of Things (IoT)システムの研究開発の広がりに伴い,低周波数帯無線の研究も再び重要性が増大している.
本稿では,従来人が立ち入る事が難しかった高所等での電波伝搬測定を実現するためUnmanned Aerial Vehicle (UAV)を用いた電波伝搬測定システムを開発し,
4.9GHz帯屋外-屋内電波伝搬損失測定を行った.
UAV局が屋内窓から見通し外となる条件においても屋内壁面等による反射波が到来する領域では超過損失が小さくなる事を示した.
得られた知見については,将来移動通信システムの方式検討やサービスセル設計等に活用する事が期待される. 
(英) Nowadays, the wireless communication system has been the essential community infrastructure for our life.
Recently, the higher frequency bands are expected to be utilized in fifth generation cellular (5G) system to improve the network capacity drastically.
However, further investigations are still necessary to justify the feasibility of those bands for the mobile communication.
In this paper, we introduce the diffuse scattering characteristics in 11 GHz band in indoor environments.
We clarified that the diffuse scattering waves widely spread in the propagation delay and azimuth angle domain, and they influenced on the MIMO channel characteristics, especially in shadow regions and cross polarization regions.
Meanwhile, the radio propagation research of lower frequency band is focused again owing to the recent spread of the Internet of Things (IoT) system.
In this paper, we developed the radio measurement system by using Unmanned Aerial Vehicle (UAV) to realize measurements in the high-rise environment and conducted the Outdoor-to-Indoor propagation loss measurement in 4.9 GHz band.
We clarified that the building entry loss lessened in the specific part of the non-Line-of-Sight region where reflection waves from the of the interior walls existed.
The results are expected to be utilized for system design
and service cell planning in the future wireless system.
キーワード (和) 電波伝搬測定 / 高周波数帯MIMOチャネル / チャネルサウンディング / 拡散散乱 / 屋外-屋内伝搬損失 / 無人航空機 / /  
(英) Radio Propagation Measurement / High Frequency band MIMO channel / Channel Sounding / Diffuse Scattering / Outdoor-to-Indoor Propagation Loss / Unmanned Aerial Vehicle / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 363, SRW2017-64, pp. 25-30, 2017年12月.
資料番号 SRW2017-64 
発行日 2017-12-11 (SRW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SRW  
開催期間 2017-12-18 - 2017-12-18 
開催地(和) 早稲田大学 
開催地(英) Waseda Univ. 
テーマ(和) WLAN,WPAN,センサネットワーク関連技術,ミリ波通信,一般 
テーマ(英) WLAN, WPAN, Sensor networ, mmWave, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SRW 
会議コード 2017-12-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 次世代無線通信システムに向けた電波伝搬研究の取り組み 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Radio Propagation Research for the Next Generation Wireless Communication System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電波伝搬測定 / Radio Propagation Measurement  
キーワード(2)(和/英) 高周波数帯MIMOチャネル / High Frequency band MIMO channel  
キーワード(3)(和/英) チャネルサウンディング / Channel Sounding  
キーワード(4)(和/英) 拡散散乱 / Diffuse Scattering  
キーワード(5)(和/英) 屋外-屋内伝搬損失 / Outdoor-to-Indoor Propagation Loss  
キーワード(6)(和/英) 無人航空機 / Unmanned Aerial Vehicle  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 健太郎 / Kentaro Saito / サイトウ ケンタロウ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: TiTech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高田 潤一 / Jun-ichi Takada / タカダ ジュンイチ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: TiTech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 金 ミンソク / Minseok Kim /
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata University)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-12-18 14:05:00 
発表時間 50 
申込先研究会 SRW 
資料番号 IEICE-SRW2017-64 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.363 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SRW-2017-12-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会