電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-15 13:15
ネットワークスライシングのための利用サービスを考慮した無線リソース制御の検討
野島大輔勝間田優樹森広芳文浅井孝浩山田 曉岩科 滋NTTドコモ
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 5G 時代における多種多様な要求条件を持つサービスを効率的に収容するために,筆者らはEnd-to-End(E2E) スライスの検討を進めている.本稿では,E2E スライスの構成要素である無線アクセスネットワークへのネットワークスライシング適用手法を示す.3GPP では,ネットワークスライシングの特徴であるリソースアイソレーションを達成するために特定のスライスに対して無線リソースを専用的に割り当てるといった議論がされている.そこで,限られた資源である無線リソースに対して,利用サービスのSLA やQoS 等の条件に従って決定された無線リソース量を担保する無線リソース割当手法を提案する.併せて,計算機シミュレーションにより評価を行うことで,提案手法の有効性を示す. 
(英) In order to efficiently accommodate services with various requirements in the 5G era, we consider end–to-end (E2E) slices which can fulfill service requirements. In this paper, we show how to apply network slicing to radio access network (RAN) which is a element of E2E slices. In the 3rd generation partnership project (3GPP), allocating fully dedicated radio resources to a certain slice to implement resource isolation for network slicing is being discussed. We propose resource allocation methods to guarantee resource isolation based on service requirements by limiting the maximum number of resource blocks (RBs). Evaluation results show the superiority of our proposed resource allocation methods through system level simulations.
キーワード (和) ネットワークスライシング / E2E スライシング / リソースアイソレーション / 無線リソース制御 / / / /  
(英) Network Slicing / End-to-End Slicing / Resource Isolation / Radio Resource Management / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 352, RCS2017-263, pp. 71-76, 2017年12月.
資料番号 RCS2017-263 
発行日 2017-12-07 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS NS  
開催期間 2017-12-14 - 2017-12-15 
開催地(和) 広島アステールプラザ 
開催地(英) Aster Plaza 
テーマ(和) マルチホップ/リレー/協調,耐災害無線ネットワーク,センサ・メッシュネットワーク,アドホックネットワーク,D2D・M2M,無線ネットワークコーディング,ハンドオーバ/AP切替/接続セル制御/基地局間負荷分散/モバイルNW動的再構成,QoS・QoE保証/無線VoIP,一般 
テーマ(英) Mobile Ad-hoc Network, Ubiquitous Network, Wireless Communication, security, Multi-Access Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2017-12-RCS-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ネットワークスライシングのための利用サービスを考慮した無線リソース制御の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Radio Resource Management based on Service Types for Network Slicing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ネットワークスライシング / Network Slicing  
キーワード(2)(和/英) E2E スライシング / End-to-End Slicing  
キーワード(3)(和/英) リソースアイソレーション / Resource Isolation  
キーワード(4)(和/英) 無線リソース制御 / Radio Resource Management  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 野島 大輔 / Daisuke Nojima / ノジマ ダイスケ
第1著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 勝間田 優樹 / Yuki Katsumata / カツマタ ユウキ
第2著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 森広 芳文 / Yoshifumi Morihiro / モリヒロ ヨシフミ
第3著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅井 孝浩 / Takahiro Asai / アサイ タカヒロ
第4著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 曉 / Akira Yamada / ヤマダ アキラ
第5著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩科 滋 / Shigeru Iwashina / イワシナ シゲル
第6著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-12-15 13:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-263 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.352 
ページ範囲 pp.71-76 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2017-12-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会