電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-15 13:55
多視点3DCG画像のある視点における符号化欠損領域検出を想定した画像診断の検討
河畑則文千葉大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 現在,工学分野における多視点3D画像及び8K高精細画像の医療応用が急速に進んでおり,画像診断に関する研究は,医療,工学の双方からアプローチ可能な学際研究分野として,重要になってきている.従来,画像診断は主に,専門医師,医療従事者による手作業ベースがほとんどだった.しかしながら,コンピュータの発展により,自動化処理に基づいた画像診断が可能になり,情報工学分野からのアプローチが必要になってきた.多視点3D画像を生成するにあたって,正しく行えているかを支援し,欠損の検出及び修復が可能となれば,医療応用が可能になると考える.本稿では,医用画像に応用可能かつ情報工学的な基礎検討として,多視点3DCG画像において,全視点,ある視点に,符号化による欠損が発生した場合にコンピュータにより自動的に画像を診断し,定量的な評価を行い,どの程度なら検出可能であるのかを推定した. 
(英) At present, in the engineering fields, the medical application for multi-view 3D images and 8K UHDTV images is advanced rapidly. Therefore, it is important for the studies on diagnostic imaging systems as the interdisciplinary research field enabled to approach from both medical and engineering. Up to now, the diagnostic imaging was carried out based on manual handling by professional doctors and health care workers. However, it is enable to diagnose images automatically by development of the computer systems. Therefore, it is required for approach from information science and engineering fields. For generating multi-view 3D images, if we are able to support whether workers are able to use correctly or not, and if the coded defect detection and restoration for their images are possible, we consider possibility towards medical applications in the near future. In this paper, first, we diagnosed automatically for multi-view 3D images in the case of occurring defect by encoded and decoded degradation at all or certain viewpoints by H.265/HEVC. Next, we assessed and estimated quantitatively in terms of the coded image quality in order to clarify how we are able to detect the coded defect.
キーワード (和) 多視点3D画像 / H.265/HEVC / PSNR / 画像診断 / データマイニング / サポートベクターマシン / /  
(英) Multi-view 3D Image / H.265/HEVC / Peak Signal to Noise Ratio (PSNR) / Diagnostic Imaging / Data Mining / Support Vector Machine (SVM) / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 356, IMQ2017-21, pp. 7-12, 2017年12月.
資料番号 IMQ2017-21 
発行日 2017-12-08 (IMQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IMQ  
開催期間 2017-12-15 - 2017-12-15 
開催地(和) 静岡大学浜松キャンパス 
開催地(英) Shizuoka University, Hamamatsu Campus 
テーマ(和) 映像ディスプレイとIMQ一般 
テーマ(英) Picture Display, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IMQ 
会議コード 2017-12-IMQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多視点3DCG画像のある視点における符号化欠損領域検出を想定した画像診断の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Diagnostic Imaging System for Coded Defect Detection of Certain Viewpoints on Multi-view 3D CG Images 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 多視点3D画像 / Multi-view 3D Image  
キーワード(2)(和/英) H.265/HEVC / H.265/HEVC  
キーワード(3)(和/英) PSNR / Peak Signal to Noise Ratio (PSNR)  
キーワード(4)(和/英) 画像診断 / Diagnostic Imaging  
キーワード(5)(和/英) データマイニング / Data Mining  
キーワード(6)(和/英) サポートベクターマシン / Support Vector Machine (SVM)  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 河畑 則文 / Norifumi Kawabata / カワバタ ノリフミ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-12-15 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IMQ 
資料番号 IEICE-IMQ2017-21 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.356 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IMQ-2017-12-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会