電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-15 09:55
離隔周波数帯受信信号を用いた広帯域コヒーレント合成による高分解能測距方式の検討
渡辺一宏秋田 学稲葉敬之電通大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近距離レーダに対し60,76,79GHz帯という離隔した複数の周波数帯域が用いられている.また79GHz帯は4GHzという広帯域が割り当てられているが,探知距離の劣化を抑制するためには帯域内を狭帯域サブバンドとして活用する方法も考えられる.このような背景のもと,これら離隔した周波数帯域をコヒーレントに合成することで高距離分解能の実現が期待される.本稿では,離隔周波数対し目標毎の帯域間における複素振幅をイテレーション推定することで,広帯域コヒーレント合成による距離分解能向上を実現する離隔周波数合成処理を提案する.計算機シミュレーションおよび実計測データ解析では,各離隔周波数(あるいはサブバンド)では,狭受信機帯域幅にて高分解能が得られる多周波ステップCPC方式が採用されているものとし,それら複数の多周波ステップCPC出力を用いて離隔周波数合成することで,さらなる高分解能化に有効であることを示す. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) コヒーレント処理 / 高距離分解能 / 合成帯域レーダ / 多周波ステップCPCレーダ / / / /  
(英) Coherent processing / High range resolution / Synthetic bandwidth radar / Multiple Frequency CPC radar / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 346, WBS2017-67, pp. 179-184, 2017年12月.
資料番号 WBS2017-67 
発行日 2017-12-07 (WBS, ITS, RCC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ITS WBS RCC  
開催期間 2017-12-14 - 2017-12-15 
開催地(和) てぃるる/沖縄県市町村自治会館 
開催地(英) Tiruru/Okinawa Jichikaikan 
テーマ(和) ITS通信,高信頼制御通信,レーダ・センシング技術及び一般 (ポスターセッションあり) 
テーマ(英) ITS Communications, Reliable Communication and Control, Rader and Sensing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2017-12-ITS-WBS-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 離隔周波数帯受信信号を用いた広帯域コヒーレント合成による高分解能測距方式の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) High Resolution Range Estimation by Wideband Coherent Processing for Sparse Frequency Bands 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コヒーレント処理 / Coherent processing  
キーワード(2)(和/英) 高距離分解能 / High range resolution  
キーワード(3)(和/英) 合成帯域レーダ / Synthetic bandwidth radar  
キーワード(4)(和/英) 多周波ステップCPCレーダ / Multiple Frequency CPC radar  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 一宏 / Kazuhiro Watanabe / ワタナベ カズヒロ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: EUC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 秋田 学 / Manabu Akita / アキタ マナブ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: EUC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲葉 敬之 / Takayuki Inaba / イナバ タカユキ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: EUC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-12-15 09:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-WBS2017-67,IEICE-ITS2017-44,IEICE-RCC2017-83 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.346(WBS), no.347(ITS), no.348(RCC) 
ページ範囲 pp.179-184 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WBS-2017-12-07,IEICE-ITS-2017-12-07,IEICE-RCC-2017-12-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会