電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-15 10:30
IoTノード向けアンテナ組込型小体積高効率トランスミッタの開発
白井 僚阪大)・廣瀬哲也神戸大)・橋本昌宜阪大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 本研究は,コイルをLC発振と電磁波放射に共用することで外部アンテナを省略するVHF帯OOKトランスミッタを提案する.提案方式は部品点数の削減により小体積化を実現している.実際にチップ部品を利用して試作したトランスミッタの体積は2.8mm×2.8mm×4.2mmとなった.提案方式は小電力化と高速通信を同時に実現するため,トランスミッタの非発振時にもコイルに微弱電流を流している.これによりLC発振の起動時間を400nsから40nsに削減し,1mの距離で3Mbpsの通信速度を達成した。また,1V動作時にビット当たりエネルギー205pJを実現した. 
(英) This paper proposes a compact VHF-band OOK transmitter that uses coils for radiation as well as oscillation, eliminating the need for an external antenna. This feature contributes to fewer number of components, smaller volume and and lower cost. We prototyped the transmitter with 2.8 mm $times$ 2.8 mm $times$ 4.2 mm volume.For shortening the startup time and enabling high-speed communication, we devise a scheme that provides a weak current for quick start of LC oscillation. Measurement results show that the start time of LC oscillation is reduced from 400 ns to 40 ns, and 1m communication at 3Mbps is possible. The minimum energy consumption per bit of the proposed transmitter is 205 pJ/b.
キーワード (和) 発振回路 / コイル / アンテナ / VHF帯 / トランスミッタ / / /  
(英) Oscillator / Coil / Antenna / VHF-band / Transmitter / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 344, ICD2017-92, pp. 159-163, 2017年12月.
資料番号 ICD2017-92 
発行日 2017-12-07 (CAS, ICD, CPSY) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ICD CPSY CAS  
開催期間 2017-12-14 - 2017-12-15 
開催地(和) アートホテル石垣島 
開催地(英) Art Hotel Ishigakijima 
テーマ(和) 学生・若手研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICD 
会議コード 2017-12-ICD-CPSY-CAS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) IoTノード向けアンテナ組込型小体積高効率トランスミッタの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Dedicated Antenna Less Power Efficient OOK Transmitter for mm-Cubic IoT Nodes 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 発振回路 / Oscillator  
キーワード(2)(和/英) コイル / Coil  
キーワード(3)(和/英) アンテナ / Antenna  
キーワード(4)(和/英) VHF帯 / VHF-band  
キーワード(5)(和/英) トランスミッタ / Transmitter  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 白井 僚 / Ryo Shirai / シライ リョウ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣瀬 哲也 / Tetsuya Hirose / ヒロセ テツヤ
第2著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 昌宜 / Masanori Hashimoto / ハシモト マサノリ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-12-15 10:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ICD 
資料番号 IEICE-CAS2017-104,IEICE-ICD2017-92,IEICE-CPSY2017-101 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.343(CAS), no.344(ICD), no.345(CPSY) 
ページ範囲 pp.159-163 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-CAS-2017-12-07,IEICE-ICD-2017-12-07,IEICE-CPSY-2017-12-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会