電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-15 11:45
米欧における「コネクティッドビークル」の動向 ~ DSRC-V2XとCellular-V2X ~
大西洋文米国アルパイン)・川崎綾也平井健士村瀬 勉名大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 米国では、前オバマ政権のV2V (車車間通信) 義務化が見送られたが、V2I (路車間通信) も含むV2X (Vehicle-to-Everything) 実用化が、官民で継続検討されている。 一方、欧州では、(IEEE 802.11pをベースとする) DSRCに替わり、Cellular利用のV2Xが、官民で推進され始めた。 本報告では、コネクティッド ビークルに関するグローバル市場予測を紹介の後、米欧のV2Xに関わる標準/政策/研究動向を紹介する。 その後、欧州動向に関連し、従来、DSRCでの実現が計画されていた 通信遅延に敏感な安全アプリケーション 「近傍車両間の衝突警告」を、3GPP Release 14で規定される二つの Cellular通信方式、Uu-方式 (基地局支援方式) と PC5-方式 (機器間通信方式)での実現を検討する。 最後に、この論文では、DSRCとCellularの複合による効率的な車載アプリケーション構築の例を紹介する。 
(英) In the US, the Obama presidency postponed the mandatory regulatory of V2V (vehicle-to-vehicle communication), however, the deployment of V2X (vehicle-to-everything) which includes V2V and V2I (vehicle-to-infrastructure communication) has been continuously studied. On the other hand, in Europe, cellular communication started to be studied for V2X, instead of DSRC (based on IEEE 802.11p standards). This report starts with the global market forecast of connected vehicles, then introduces updates of V2X standards/policies/research in the US and Europe. Then, responding to the European movements, we examine the possibility to implement time-sensitive safety-critical crash-warning-applications between neighboring vehicles, by using two cellular communication protocols (defined by 3GPP Release 14), such as Uu-protocol (base-station assisted protocol) and PC5-protocol (device-to-device communication protocol). Finally, we conclude this report with concepts to integrate vehicle applications effectively by combining DSRC and cellular communications.
キーワード (和) V2X / DSRC / IEEE 802.11p / Cellular-V2X / 3GPP Release 14 / Uu-protocol / PC5-protocol /  
(英) V2X / DSRC / IEEE 802.11p / Cellular-V2X / 3GPP Release 14 / Uu-protocol / PC5-protocol /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 347, ITS2017-46, pp. 191-196, 2017年12月.
資料番号 ITS2017-46 
発行日 2017-12-07 (WBS, ITS, RCC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ITS WBS RCC  
開催期間 2017-12-14 - 2017-12-15 
開催地(和) てぃるる/沖縄県市町村自治会館 
開催地(英) Tiruru/Okinawa Jichikaikan 
テーマ(和) ITS通信,高信頼制御通信,レーダ・センシング技術及び一般 (ポスターセッションあり) 
テーマ(英) ITS Communications, Reliable Communication and Control, Rader and Sensing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2017-12-ITS-WBS-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 米欧における「コネクティッドビークル」の動向 
サブタイトル(和) DSRC-V2XとCellular-V2X 
タイトル(英) "Connected Vehicle" Trends in the US and Europe 
サブタイトル(英) DSRC-V2X and Cellular-V2X 
キーワード(1)(和/英) V2X / V2X  
キーワード(2)(和/英) DSRC / DSRC  
キーワード(3)(和/英) IEEE 802.11p / IEEE 802.11p  
キーワード(4)(和/英) Cellular-V2X / Cellular-V2X  
キーワード(5)(和/英) 3GPP Release 14 / 3GPP Release 14  
キーワード(6)(和/英) Uu-protocol / Uu-protocol  
キーワード(7)(和/英) PC5-protocol / PC5-protocol  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 洋文 / Hirofumi Onishi / オオニシ ヒロフミ
第1著者 所属(和/英) アルパイン リサーチ アメリカ (略称: 米国アルパイン)
Alpine Electronics Research of America, Inc. (略称: Alpine USA)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川崎 綾也 / Ryoya Kawasaki / カワサキ リョウヤ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 平井 健士 / Takeshi Hirai / ヒライ タケシ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 村瀬 勉 / Tutomu Murase / ムラセ ツトム
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-12-15 11:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ITS 
資料番号 IEICE-WBS2017-69,IEICE-ITS2017-46,IEICE-RCC2017-85 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.346(WBS), no.347(ITS), no.348(RCC) 
ページ範囲 pp.191-196 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WBS-2017-12-07,IEICE-ITS-2017-12-07,IEICE-RCC-2017-12-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会