電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-15 14:20
自動車用FMCWレーダにおける繰り返しレーダ間干渉抑圧法
野澤拓也牧野祐也王 瀟岩梅比良正弘茨城大)・黒田浩司日立オートモティブシステムズ
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 安心・安全なモビリティを目指して、各種センサを用いた環境認識に基づく運転支援技術・自動運転技術の研究開発が活発に進められている。ミリ波FMCW(Frequency Modulated Continuous Wave)レーダは霧などの悪天候や夜間性能、コストの点で優れており、今後の普及が予想される。将来、ミリ波FMCWレーダが広く普及すると、レーダ間干渉によりSNR(Signal to Noise Ratio)が劣化し、ターゲットの不検出が問題となる。この問題を解決するため、筆者らは、受信電力に基づき閾値を設定し、時間領域信号においてパルス状の干渉信号を検出し、干渉抑圧を行う手法を提案しているが、2レーダ間干渉時の特性評価に留まっていた。実際の利用環境では、レベルの異なる複数のレーダ間干渉、あるいはチャープ率の異なるレーダからの干渉の場合でも、干渉を抑圧できることが求められる。本報告では、このような場合のレーダ間干渉においてもSNR劣化を軽減できる繰り返しレーダ間干渉抑圧法を提案し、計算機シミュレーションにより干渉抑圧効果を評価した結果を報告する。 
(英) Research and development of advanced driver assistance and automated driving technologies have been actively conducted aiming at safer mobility. Millimeter wave FMCW (Frequency Modulated Continuous Wave) radar has several attractive features such as excellent detection performance in rainy weather and/or in dark or harsh environments and its low cost implementation, thus wide deployment of many radar sensors will result in significant inter-radar interference among a number of FMCW radars in near future. The inter-radar interference causes signal to noise ratio (SNR) degradation, resulting in miss-detection of targets. To solve this problem, we have proposed a time-domain interference detection and suppression scheme to improve SNR degradation caused by the inter-radar interference however, inter-radar interference among multiple FMCW radars with various received level and/or different chirp rate remains for further study. This report proposes a novel iterative interference detection and suppression technique which can suppress inter-radar interference among multiple FMCW radars with various received level and chirp rate and describes performance evaluation results by computer simulation.
キーワード (和) FMCWレーダ / 干渉抑圧 / 繰り返し処理 / 時間領域処理 / / / /  
(英) Automotive radar / FMCW radar / Iterative processing / Time-domain processing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 347, ITS2017-52, pp. 227-232, 2017年12月.
資料番号 ITS2017-52 
発行日 2017-12-07 (WBS, ITS, RCC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ITS WBS RCC  
開催期間 2017-12-14 - 2017-12-15 
開催地(和) てぃるる/沖縄県市町村自治会館 
開催地(英) Tiruru/Okinawa Jichikaikan 
テーマ(和) ITS通信,高信頼制御通信,レーダ・センシング技術及び一般 (ポスターセッションあり) 
テーマ(英) ITS Communications, Reliable Communication and Control, Rader and Sensing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2017-12-ITS-WBS-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 自動車用FMCWレーダにおける繰り返しレーダ間干渉抑圧法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Novel Iterative Inter-radar Interference Suppression Technique for Automotive FMCW Radars 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) FMCWレーダ / Automotive radar  
キーワード(2)(和/英) 干渉抑圧 / FMCW radar  
キーワード(3)(和/英) 繰り返し処理 / Iterative processing  
キーワード(4)(和/英) 時間領域処理 / Time-domain processing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 野澤 拓也 / Takuya Nozawa / ノザワ タクヤ
第1著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 牧野 祐也 / Yuya Makino / マキノ ユウヤ
第2著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 王 瀟岩 / Xiaoyan Wang / オウ ショウガン
第3著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅比良 正弘 / Masahiro Umehira / ウメヒラ マサヒロ
第4著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒田 浩司 / Hiroshi Kuroda / クロダ ヒロシ
第5著者 所属(和/英) 日立オートモティブシステムズ株式会社 (略称: 日立オートモティブシステムズ)
Hitachi Automotive Systems, Lmd. (略称: Hitachi Automotive Systems)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-12-15 14:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ITS 
資料番号 IEICE-WBS2017-75,IEICE-ITS2017-52,IEICE-RCC2017-91 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.346(WBS), no.347(ITS), no.348(RCC) 
ページ範囲 pp.227-232 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WBS-2017-12-07,IEICE-ITS-2017-12-07,IEICE-RCC-2017-12-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会