電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-15 13:40
高遅延高パケットロス率環境におけるBBRおよびCUBIC TCPのHTTP/2の通信性能に関する一考察
小田尚輝山口実靖工学院大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 新しいハイパーテキスト転送プロトコルとしてHTTP/2が2015年に承認,文書化され,今後はHTTP/2の性能に関する考察が重要になっていくと考えられる.また,新しいTCP輻輳制御アルゴリズムとしてTCP BBRが2016年に提案され,本アルゴリズムも重要になっていくと考えられる.我々は過去の研究にて,現在広く使用されているCUBIC TCPを用いた場合は高遅延高パケットロス率環境にてHTTP/2が十分に高い性能を出せないことを示した.本稿ではTCP BBRを用いたHTTP/2通信の性能評価を行い,高遅延高パケットロス率環境においてTCP BBRがCUBIC TCPより高い性能を提供できることを示す.そして,高い性能を提供できる理由が高い輻輳ウィンドウの値にあることを示す. 
(英) The HTTP/2 was approved and documented in 2015. It is expected to become widely used in the WWW (World Wide Web).In our previous work, we showed that HTTP/2 could not provide enough performance on a network with high latency and high packet loss ratio. In addition, a new TCP congestion control algorithm, called TCP BBR, was proposed in 2016. In this paper, we evaluated the performance of HTTP/2 using TCP BBR and show that TCP BBR can achieve short transmission time.
キーワード (和) TCP BBR / CUBIC TCP / HTTP/2 / TCPコネクション / 輻輳ウィンドウ / / /  
(英) TCP BBR / CUBIC TCP / HTTP/2 / TCP connection / Congestion Window / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 351, NS2017-138, pp. 65-70, 2017年12月.
資料番号 NS2017-138 
発行日 2017-12-07 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS NS  
開催期間 2017-12-14 - 2017-12-15 
開催地(和) 広島アステールプラザ 
開催地(英) Aster Plaza 
テーマ(和) マルチホップ/リレー/協調,耐災害無線ネットワーク,センサ・メッシュネットワーク,アドホックネットワーク,D2D・M2M,無線ネットワークコーディング,ハンドオーバ/AP切替/接続セル制御/基地局間負荷分散/モバイルNW動的再構成,QoS・QoE保証/無線VoIP,一般 
テーマ(英) Mobile Ad-hoc Network, Ubiquitous Network, Wireless Communication, security, Multi-Access Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2017-12-RCS-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高遅延高パケットロス率環境におけるBBRおよびCUBIC TCPのHTTP/2の通信性能に関する一考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Performance of HTTP/2 with TCP BBR and CUBIC TCP on a Network with High Latency and High Packet Loss Ratio 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) TCP BBR / TCP BBR  
キーワード(2)(和/英) CUBIC TCP / CUBIC TCP  
キーワード(3)(和/英) HTTP/2 / HTTP/2  
キーワード(4)(和/英) TCPコネクション / TCP connection  
キーワード(5)(和/英) 輻輳ウィンドウ / Congestion Window  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小田 尚輝 / Naoki Oda / オダ ナオキ
第1著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 実靖 / Saneyasu Yamaguchi / ヤマグチ サネヤス
第2著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-12-15 13:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2017-138 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.351 
ページ範囲 pp.65-70 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2017-12-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会