電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-15 14:55
ITSイメージセンサ可視光通信のためのSVMを用いたLEDアレイ検出手法
堀 将大木下雅之山里敬也岡田 啓藤井俊彰名大)・鎌倉浩嗣千葉工大)・圓道知博長岡技科大)・荒井伸太郎岡山理科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では高度道路交通システム(ITS)のためのイメージセンサ可視光通信に着目する.この通信では送信機としてLEDアレイを,受信機として高速度カメラを用いる.可視光通信を行うために、高速度カメラで撮影した画像中のLEDアレイ送信機の位置を特定する必要がある.先行研究ではLEDアレイは高い時間勾配と低い空間勾配を持つことを示し,これらの特徴量を用いたLEDアレイ検出手法を提案した.しかし,その手法では情報源であるLEDアレイ送信機と情報を持たない人工光源を区別することが困難である.また,LEDアレイに比べ非LEDアレイの画素が非常に多いため,データの不均衡性の問題も生じた.そこで,本稿ではより正確なLEDアレイの検出を行うため,k平均法に基づくアンダーサンプリングを行い,それらのデータからSVMで学習したモデルを用いるLEDアレイ検出手法を提案する. 
(英) In this paper, we focus on an image sensor visible light communication (VLC) for Intelligent Transport System (ITS). In this system, a transmitter is an LED array, and a receiver is a high-speed camera. To receive VLC signals, it is necessary to specify the position of the LED array transmitter from captured images. Previous studies showed that the LED array has a high temporal gradient value and a low spatial gradient value, and proposed an LED array detection method using these features. However, the method has difficulty to distinguish between information-contained LED array transmitter and an artificial light source without information. Also, since the number of pixels corresponding to the non-LED array is much larger than that of the LED array, such data imbalance should be considered. Therefore, in this paper, to detect LED array more accurately, we performed undersampling based on the k-means method. Then, we propose an LED array detection method using SVM model from these data.
キーワード (和) 可視光通信 / イメージセンサ通信 / 画像処理 / 機械学習 / 物体検出 / / /  
(英) Visible light communication / Image sensor communication / Image processing / Machine learning / Object detection / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 347, ITS2017-56, pp. 251-255, 2017年12月.
資料番号 ITS2017-56 
発行日 2017-12-07 (WBS, ITS, RCC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ITS WBS RCC  
開催期間 2017-12-14 - 2017-12-15 
開催地(和) てぃるる/沖縄県市町村自治会館 
開催地(英) Tiruru/Okinawa Jichikaikan 
テーマ(和) ITS通信,高信頼制御通信,レーダ・センシング技術及び一般 (ポスターセッションあり) 
テーマ(英) ITS Communications, Reliable Communication and Control, Rader and Sensing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2017-12-ITS-WBS-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ITSイメージセンサ可視光通信のためのSVMを用いたLEDアレイ検出手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) LED array detection method using SVM for ITS image sensor visible light communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 可視光通信 / Visible light communication  
キーワード(2)(和/英) イメージセンサ通信 / Image sensor communication  
キーワード(3)(和/英) 画像処理 / Image processing  
キーワード(4)(和/英) 機械学習 / Machine learning  
キーワード(5)(和/英) 物体検出 / Object detection  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀 将大 / Masahiro Hori / ホリ マサヒロ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 木下 雅之 / Masayuki Kinoshita / キノシタ マサユキ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山里 敬也 / Takaya Yamazato / ヤマザト タカヤ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 啓 / Hiraku Okada / オカダ ヒラク
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 俊彰 / Toshiaki Fujii / フジイ トシアキ
第5著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 鎌倉 浩嗣 / Koji Kamakura / カマクラ コウジ
第6著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: Chiba Inst. of Tech.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 圓道 知博 / Tomohiro Yendo / エンドウ トモヒロ
第7著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Science (略称: Nagaoka Univ. of Sci.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒井 伸太郎 / Shintaro Arai /
第8著者 所属(和/英) 岡山理科大学 (略称: 岡山理科大)
Okayama University of Science (略称: Okayama Univ. of Sci.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-12-15 14:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ITS 
資料番号 IEICE-WBS2017-79,IEICE-ITS2017-56,IEICE-RCC2017-95 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.346(WBS), no.347(ITS), no.348(RCC) 
ページ範囲 pp.251-255 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-WBS-2017-12-07,IEICE-ITS-2017-12-07,IEICE-RCC-2017-12-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会