電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-15 10:55
V2Xを利用した衝突警告アプリケーションにおける収容台数向上のためのブロードキャストアシスト
平井健士村瀬 勉名大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) DSRCベースのV2Xを利用した衝突警告アプリケーション(CWA)において、全車両(端末)の通信要求条件を満足させるには、高速なノードの情報受信率(フレーム受信率)を向上させる必要がある。そのためには、遠距離でも十分なフレーム受信率が得られるようなフレーム中継技術が有望である。しかし、既存の中継方式はCWAで用いられるブロードキャスト方法に適用すると、フレームの冗長度が増えすぎるため、輻輳を引き起こす恐れがある。そこで、受信頻度の不足分を高精度に推測し、過不足なく中継するブロードキャストアシストを提案する。提案方式は、各車両が確率を用いて自律分散的に中継を行う。キャプチャエフェクトを考慮した確率関数を用いて、提案方式の評価を行った。既存の中継方式であるFlooding方法に比べて74%も収容台数を向上させることができた。 
(英) In V2X-DSRC based Crash Warning Application (CWA), to prevent congestion of information frames of CWA-information frames increases the number of accommodated nodes (vehicles and pedestrians). The number is the maximum number of the nodes to meet the CWA requirements, a specific number of received frames. Higher speed nodes is likely to receive smaller number of frames at a certain time before a potential crash. To compensate the number, relay method for CWA-information frames was a promising way to increase the number of frames. Because of producing frame congestion by redundant relay frames, conventional relay methods looks difficult to be applied to CWA application which uses broadcast communications. This paper proposes Broadcast Assist method. The proposed method can suppress the redundant relay frames by two novel ideas. First idea is to estimate the number of necessary additional frames by considering the capture effect. Second idea is to probabilistically relay a frame without excessive or insufficient amount and with suitable to an autonomous decentralized manner of CWA. Simulation results show the proposed method could accommodate 74% more nodes than that of flooding method.
キーワード (和) V2X / IEEE802.11p / DSRC / 衝突警告 / 中継 / ブロードキャスト / /  
(英) V2X / IEEE802.11p / DSRC / crash warning / relay / broadcast / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 347, ITS2017-45, pp. 185-190, 2017年12月.
資料番号 ITS2017-45 
発行日 2017-12-07 (WBS, ITS, RCC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ITS WBS RCC  
開催期間 2017-12-14 - 2017-12-15 
開催地(和) てぃるる/沖縄県市町村自治会館 
開催地(英) Tiruru/Okinawa Jichikaikan 
テーマ(和) ITS通信,高信頼制御通信,レーダ・センシング技術及び一般 (ポスターセッションあり) 
テーマ(英) ITS Communications, Reliable Communication and Control, Rader and Sensing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2017-12-ITS-WBS-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) V2Xを利用した衝突警告アプリケーションにおける収容台数向上のためのブロードキャストアシスト 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Broadcast Assist for Improvement on the Number of the Accommodated Nodes in V2X-based Crash Warning Application 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) V2X / V2X  
キーワード(2)(和/英) IEEE802.11p / IEEE802.11p  
キーワード(3)(和/英) DSRC / DSRC  
キーワード(4)(和/英) 衝突警告 / crash warning  
キーワード(5)(和/英) 中継 / relay  
キーワード(6)(和/英) ブロードキャスト / broadcast  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平井 健士 / Takeshi Hirai / ヒライ タケシ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 村瀬 勉 / Tutomu Murase / ムラセ ツトム
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-12-15 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ITS 
資料番号 IEICE-WBS2017-68,IEICE-ITS2017-45,IEICE-RCC2017-84 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.346(WBS), no.347(ITS), no.348(RCC) 
ページ範囲 pp.185-190 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WBS-2017-12-07,IEICE-ITS-2017-12-07,IEICE-RCC-2017-12-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会