電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-14 13:30
[ポスター講演]非可聴帯スペクトル拡散音響通信の基本性能評価
安田雄喜竹村真志中塚真衣山田啓二長野翔太森田宗一郎村山陽寛久保博嗣立命館大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本報告では,音響通信での活用を想定して,スペクトル拡散通信の基本性能に関して論じる.本報告で検討するスペクトル拡散音響通信の特徴は,市販のスピーカの使用を前提としている点である.スピーカの周波数特性を勘案すると可聴帯域の信号を活用した方が望ましい.他方,可聴帯で音響通信を実現すると周囲の人間に影響を与える可能性があり,非可聴帯で音響通信を実施する方が望ましい.本報告では,まず,計算機シミュレーションにより,非可聴帯スペクトル拡散音響通信が,可聴帯スペクトル拡散音響通信と同等のビット誤り率を有することを確認する.次に,市販のスピーカを用いて実環境評価を実施し,非可聴帯スペクトル拡散音響通信の通信距離特性が,可聴帯スペクトル拡散音響通信と比較して大きく劣化しないことを確認する. 
(英) This paper discusses basic performance of spread spectrum communications for acoustic communications. This spread spectrum acoustic communications are based on commercial speakers. It is desired to achieve the acoustic communication using audible frequency band considering the frequency response of the speaker. On the other hand, it is desired to achieve the acoustic communication using inaudible frequency band considering the uncomfortableness to the human in communication areas. Firstly, computer simulation results confirm that the spread spectrum acoustic communication using inaudible frequency band has almost same performance in BER (Bit Error Rate) as using audible frequency band. In addition, experimental results using commercial speaker compare the performance of using inaudible frequency band and using audible frequency band and it also confirms that using inaudible frequency band do not so much deteriorate compared to using audible frequency band.
キーワード (和) スペクトル拡散 / ビット誤り率 / 帯域制限 / 非可聴帯音響通信 / 実環境評価 / / /  
(英) Spread Spectrum / Bit Error Rate / Band Limitation / Inaudible Acoustic Communication / Field Evaluation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 346, WBS2017-52, pp. 95-99, 2017年12月.
資料番号 WBS2017-52 
発行日 2017-12-07 (WBS, ITS, RCC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ITS WBS RCC  
開催期間 2017-12-14 - 2017-12-15 
開催地(和) てぃるる/沖縄県市町村自治会館 
開催地(英) Tiruru/Okinawa Jichikaikan 
テーマ(和) ITS通信,高信頼制御通信,レーダ・センシング技術及び一般 (ポスターセッションあり) 
テーマ(英) ITS Communications, Reliable Communication and Control, Rader and Sensing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2017-12-ITS-WBS-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 非可聴帯スペクトル拡散音響通信の基本性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Acoustic Communications Employing Spread Spectrum Using Inaudible Frequency Band 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スペクトル拡散 / Spread Spectrum  
キーワード(2)(和/英) ビット誤り率 / Bit Error Rate  
キーワード(3)(和/英) 帯域制限 / Band Limitation  
キーワード(4)(和/英) 非可聴帯音響通信 / Inaudible Acoustic Communication  
キーワード(5)(和/英) 実環境評価 / Field Evaluation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 安田 雄喜 / Yuuki Yasuda / ヤスダ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹村 真志 / Masashi Takemura / タケムラ マサシ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中塚 真衣 / Mai Nakatsuka / ナカツカ マイ
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 啓二 / Keiji Yamada / ヤマダ ケイジ
第4著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 長野 翔太 / Shota Nagano / ナガノ ショウタ
第5著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 森田 宗一郎 / Souichiro Morita / モリタ ソウイチロウ
第6著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 村山 陽寛 / Akinobu Murayama / ムラヤマ アキノブ
第7著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保 博嗣 / Hiroshi Kubo / クボ ヒロシ
第8著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-12-14 13:30:00 
発表時間 120 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-WBS2017-52,IEICE-ITS2017-29,IEICE-RCC2017-68 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.346(WBS), no.347(ITS), no.348(RCC) 
ページ範囲 pp.95-99 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-WBS-2017-12-07,IEICE-ITS-2017-12-07,IEICE-RCC-2017-12-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会