電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-14 13:30
[ポスター講演]CSS法を用いたOFDM/PM方式の帯域幅削減に関する検討
宮城 晶齋藤将人琉球大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 我々は, OFDM (Orthogonal Frequency Division Multiplexing) 方式を衛星通信システムに適用する検討をしている. OFDM 方式は,高速データ伝送が可能であり,また,高い周波数利用効率が得られるために,さまざまな高速無線通信システムの通信方式として利用されている.一方で, OFDM 信号は,高いピーク電力をもつという問題を有する.衛星通信では,一般に非線形増幅器が用いられるため,高いピーク電力が発生する OFDM 方式をそのまま用いることは困難である.そこで, OFDM 信号を定包絡線とするために,二次変調として PM (Phase Modulation)による変調を適用する手法を検討している.しかし, OFDM/PM 信号の帯域幅は PM に入力する前の OFDM 信号の帯域幅と比較して広がるという問題がある.このため, OFDM 方式で伝送した場合と比較して周波数用効率が低下してしまう.本稿では,OFDM/PM 信号の帯域幅削減を目的として, OFDM 信号のピーク電力低減技術として CSS(Cyclic Shifted Sequences) 法を適用する. CSS 法を用いた際の OFDM/PM 信号の帯域幅の削減効果を計算機シミュレーションにより評価する.シミュレーションにより, BER (Bit Error Rate) 特性の劣化なしに OFDM/PM 信号の帯域幅を削減できることが分かった. 
(英) We consider to apply orthogonal frequency division multiplexing (OFDM) schemes to satellite communications systems. OFDM schemes have advantages of their high-speed data transmission and their high frequency efficiency. On the other hand, a major drawback of OFDM is its high peak power. In satellite communications systems, since nonlinear amplifiers are used, OFDM schemes are difficult to be applied due to their high peak power characteristics. Therefore, we consider to apply phase modulated OFDM schemes. Because of this, an OFDM/PM scheme for generating a constant envelope signal by secondary modulation an OFDM signal with PM investigate. However, its bandwidth could be spread. In this paper, we apply cyclic shifted sequences (CSS) method as peak power reduction technique of OFDM signal in order to reduce the bandwidth. We evaluate the effect of Bandwidth Reduction in OFDM/PM scheme with CSS method by computer simulation. Simulation results show that the Bandwidth can be reduced without the BER (bit error rate) performance deterioration.
キーワード (和) 直交周波数分割多重 (OFDM) / 位相変調 (PM) / 定包絡線 OFDM / OFDM/PM 方式 / Cyclic Shifted Sequences (CSS) 法 / エルミート対称法 / /  
(英) Orthogonal Frequency Division Multiplexing (OFDM) / Phase Modulation (PM) / Constant envelope OFDM / OFDM/PM scheme / Cyclic Shifted Sequences (CSS) method / Hermitian symmetry / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 346, WBS2017-55, pp. 111-116, 2017年12月.
資料番号 WBS2017-55 
発行日 2017-12-07 (WBS, ITS, RCC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ITS WBS RCC  
開催期間 2017-12-14 - 2017-12-15 
開催地(和) てぃるる/沖縄県市町村自治会館 
開催地(英) Tiruru/Okinawa Jichikaikan 
テーマ(和) ITS通信,高信頼制御通信,レーダ・センシング技術及び一般 (ポスターセッションあり) 
テーマ(英) ITS Communications, Reliable Communication and Control, Rader and Sensing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2017-12-ITS-WBS-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) CSS法を用いたOFDM/PM方式の帯域幅削減に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Reduction of Bandwidth in OFDM/PM Scheme with CSS Method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 直交周波数分割多重 (OFDM) / Orthogonal Frequency Division Multiplexing (OFDM)  
キーワード(2)(和/英) 位相変調 (PM) / Phase Modulation (PM)  
キーワード(3)(和/英) 定包絡線 OFDM / Constant envelope OFDM  
キーワード(4)(和/英) OFDM/PM 方式 / OFDM/PM scheme  
キーワード(5)(和/英) Cyclic Shifted Sequences (CSS) 法 / Cyclic Shifted Sequences (CSS) method  
キーワード(6)(和/英) エルミート対称法 / Hermitian symmetry  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮城 晶 / Sho Miyagi / ミヤギ ショウ
第1著者 所属(和/英) 琉球大学大学院 (略称: 琉球大)
University of the Ryukyus (略称: Univ. of the Ryukyus)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 将人 / Masato Saito / サイトウ マサト
第2著者 所属(和/英) 琉球大学 (略称: 琉球大)
University of the Ryukyus (略称: Univ. of the Ryukyus)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-12-14 13:30:00 
発表時間 120 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-WBS2017-55,IEICE-ITS2017-32,IEICE-RCC2017-71 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.346(WBS), no.347(ITS), no.348(RCC) 
ページ範囲 pp.111-116 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WBS-2017-12-07,IEICE-ITS-2017-12-07,IEICE-RCC-2017-12-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会