電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-14 15:50
[奨励講演]空間変調のミリ波・可視光・マルチキャリア通信応用
石川直樹広島市大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,2008年頃から国際的な注目を集めている空間変調方式をワイドバンドシステムの観点から紹介する.同方式は複数ある送信アンテナのうち一部のみを選択するパターンに追加の情報を付加する.特に,送信ベクトルの構成を疎とする場合,従来の空間多重化方式と同等の性能を保ったまま検出演算量を削減できる.この低演算特性が注目を集め,これまでミリ波無線通信,可視光無線通信,マルチキャリア無線通信などに応用されてきた.本稿では種々の応用手法を体系的に分類した上で,それぞれの利点と欠点について包み隠さず紹介する. 
(英) In this paper, spatial modulation systems that have been proposed for wideband systems are introduced. The spatial modulation has gained significant interest since 2008 with the aid of its antenna-hopping-based sparse structure, which achieves low-complexity detections at the receiver. This unique structure has been applied to millimeter wave, visible light, and multicarrier communications, aiming at achieving simple yet reliable wireless communications. This paper presents pros and cons of those systems in a comprehensive manner.
キーワード (和) MIMO / 空間変調 / ミリ波通信 / 可視光通信 / OFDM / / /  
(英) MIMO / spatial modulation / millimeter-wave communications / visible light communications / OFDM / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 346, WBS2017-61, pp. 147-152, 2017年12月.
資料番号 WBS2017-61 
発行日 2017-12-07 (WBS, ITS, RCC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ITS WBS RCC  
開催期間 2017-12-14 - 2017-12-15 
開催地(和) てぃるる/沖縄県市町村自治会館 
開催地(英) Tiruru/Okinawa Jichikaikan 
テーマ(和) ITS通信,高信頼制御通信,レーダ・センシング技術及び一般 (ポスターセッションあり) 
テーマ(英) ITS Communications, Reliable Communication and Control, Rader and Sensing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2017-12-ITS-WBS-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 空間変調のミリ波・可視光・マルチキャリア通信応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Spatial Modulation Systems Desigined for Millimeter Wave, Visible Light, and Multicarrier Communications 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(2)(和/英) 空間変調 / spatial modulation  
キーワード(3)(和/英) ミリ波通信 / millimeter-wave communications  
キーワード(4)(和/英) 可視光通信 / visible light communications  
キーワード(5)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 直樹 / Naoki Ishikawa / イシカワ ナオキ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-12-14 15:50:00 
発表時間 40 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-WBS2017-61,IEICE-ITS2017-38,IEICE-RCC2017-77 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.346(WBS), no.347(ITS), no.348(RCC) 
ページ範囲 pp.147-152 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WBS-2017-12-07,IEICE-ITS-2017-12-07,IEICE-RCC-2017-12-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会