電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-14 10:00
[ポスター講演]USRPを用いたGPSスプーフィング実装
福田智和石井光治香川大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) GPSを代表とするGNSS ( Global Navigation Satellite System ) による位置情報や時刻情報が積極的に利用されている.これらのシステムにとってGNSSが提供する情報の精度は大変重要な要素である.しかし,昨今のソフトウェア無線技術の進歩により,誰でも,かつ容易にGPS信号を生成・送信することができてしまう.そこで,本研究ではソフトウェア無線機を用いてGPS信号の座標情報や時刻情報の偽造 ( スプーフィング ) を行うことで,現在のGNSSを基にしたシステムの危険性を示す.具体的には,商用デバイスへの影響評価としてデジタルカメラとスマートフォンが作成したスプーフィング信号によって簡単に位置情報,時間情報が偽造されてしまうことを示す. 
(英) Position information and time information based on GNSS (Global Navigation Satellite System) including GPS ( Globa Positioning System ) are widely utilized. The accuracy of the information provided by GNSS is a very important factor for the GNSS based system such as car navigetion systems and so on. However, due to the progress of software-defined-radio, anyone can easily make a fake GPS signal which will be referred to as $spoofing$ signal. In this study, we make a spofing signal by using USRP2 ( Universal Software Radio Peripheral 2 ) produced by Naational Instruments and would like to show the risk that the GPS based products can be easily tricked. Consretely, we show the affect of the spoofing signal onto the digital camera and smartphone as an example of GPS based products.
キーワード (和) GPS / スプーフィング / ソフトウェア無線 / / / / /  
(英) GPS / Spoofing / Software Defined Radio / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 348, RCC2017-59, pp. 45-49, 2017年12月.
資料番号 RCC2017-59 
発行日 2017-12-07 (WBS, ITS, RCC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ITS WBS RCC  
開催期間 2017-12-14 - 2017-12-15 
開催地(和) てぃるる/沖縄県市町村自治会館 
開催地(英) Tiruru/Okinawa Jichikaikan 
テーマ(和) ITS通信,高信頼制御通信,レーダ・センシング技術及び一般 (ポスターセッションあり) 
テーマ(英) ITS Communications, Reliable Communication and Control, Rader and Sensing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCC 
会議コード 2017-12-ITS-WBS-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) USRPを用いたGPSスプーフィング実装 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) GPS spoofing implementation using USRP 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) GPS / GPS  
キーワード(2)(和/英) スプーフィング / Spoofing  
キーワード(3)(和/英) ソフトウェア無線 / Software Defined Radio  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 智和 / Tomokazu Fukuda / フクダ トモカズ
第1著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 光治 / Koji Ishii / イシイ コウジ
第2著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-12-14 10:00:00 
発表時間 120 
申込先研究会 RCC 
資料番号 IEICE-WBS2017-43,IEICE-ITS2017-20,IEICE-RCC2017-59 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.346(WBS), no.347(ITS), no.348(RCC) 
ページ範囲 pp.45-49 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-WBS-2017-12-07,IEICE-ITS-2017-12-07,IEICE-RCC-2017-12-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会