電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-14 13:30
[ポスター講演]副情報が不要な適応FIRフィルタを用いるPAPR低減法について
森田 輝宮嶋照行杉谷栄規茨城大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,OFDM における適応 FIR フィルタを用いた PAPR 低減法について検討する.送信機では,FIR フィルタの重み係数を送信信号の $L^{p}$–ノルムを勾配降下法によって定めることで PAPR を低減する.受信機では,FIR フィルタと通信路を一つの合成通信路とみなして推定することで,副情報を用いることなく復調を行う.通信路変化 が緩やかな場合,FIR フィルタ重み係数のみを推定することで少数のパイロットシンボルで復調が行えることを示す. シミュレーションにより,適当な p を決めることで優れた PAPR 低減効果が得られることを示す.また,FIR フィル タ長と同数のパイロットシンボルを用いる通信路推定により優れた BER 特性が得られることを示す. 
(英) In this paper, we consider an adaptive FIR filter based PAPR reduction scheme for OFDM system. In the transmitter, to reduce the PAPR of a transmitted signal, the weighting coefficients of the FIR filter is deter- mined by minimizing the $L^{p}$– norm of the transmitted signal using the gradient descent method. In the receiver, demodulation can be perfomed without side information by estimating the effective channel consisting of the FIR filter and the physical channel. When the channel is static, fewer pilot symbols are sufficient for demodulation by estimating only the FIR filter coefficients. Simulation results show that significant PAPR reduction can be achieved by using an appropriate p. Moreover, we show that superior BER performance can be obtained by the channel estimation where the number of pilot symbols is equal to the FIR filter length.
キーワード (和) OFDM / PAPR / 適応FIRフィルタ / LS推定 / / / /  
(英) OFDM / PAPR / Adaptive FIR Filter / LS Estimation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 346, WBS2017-56, pp. 117-122, 2017年12月.
資料番号 WBS2017-56 
発行日 2017-12-07 (WBS, ITS, RCC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ITS WBS RCC  
開催期間 2017-12-14 - 2017-12-15 
開催地(和) てぃるる/沖縄県市町村自治会館 
開催地(英) Tiruru/Okinawa Jichikaikan 
テーマ(和) ITS通信,高信頼制御通信,レーダ・センシング技術及び一般 (ポスターセッションあり) 
テーマ(英) ITS Communications, Reliable Communication and Control, Rader and Sensing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2017-12-ITS-WBS-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 副情報が不要な適応FIRフィルタを用いるPAPR低減法について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On Adaptive FIR Filter Based PAPR Reduction Scheme without Side Information 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(2)(和/英) PAPR / PAPR  
キーワード(3)(和/英) 適応FIRフィルタ / Adaptive FIR Filter  
キーワード(4)(和/英) LS推定 / LS Estimation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森田 輝 / Hikaru Morita / モリタ ヒカル
第1著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮嶋 照行 / Teruyuki Miyajima / ミヤジマ テルユキ
第2著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉谷 栄規 / Yoshiki Sugitani / スギタニ ヨシキ
第3著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-12-14 13:30:00 
発表時間 120 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-WBS2017-56,IEICE-ITS2017-33,IEICE-RCC2017-72 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.346(WBS), no.347(ITS), no.348(RCC) 
ページ範囲 pp.117-122 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WBS-2017-12-07,IEICE-ITS-2017-12-07,IEICE-RCC-2017-12-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会