電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-14 13:30
[ポスター講演]無線LANを用いた干渉測位における位置推定誤差に関する一検討
武者大樹藤井雅弘宇都宮大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) GPSを用いた単独測位の手法は送信側の時計同期の問題から無線LANシステムにそのまま導入することは困難である.一方で,GPSにおける干渉測位方式は位相差をとることで,原理的に送受信機の時計誤差を相殺できる.そこで,本論文では無線LANシステムを前提とした干渉測位方式の可能性に関する基礎的な検討について報告する.GPSの干渉測位と異なり,無線LANでは干渉測位に必要な基準局の役割をアクセスポイントが担うことが可能であり,その利点を活用することで無線LANシステムの干渉測位手法を提案する.また,数値計算シミュレーションを用いて,搬送波位相の計測の際に含まれる観測誤差を考慮した提案手法の測位性能を評価する. 
(英) It is difficult to apply the point positioning technique based on the Global Positioning Systems (GPS) to a new one based on the wireless LAN system owing to a clock synchronization problem. On the other hand, the kinematic positioning technique in the GPS can compensate the clock errors at both the transmitter and the receiver by getting the difference between the observations. In this paper, we report on a basic investigation to apply
the kinematic positioning to the wireless LAN systems for the indoor positioning. We propose a new kinematic positioning technique for the wireless LAN by using an advantage that the access points can play a role as a base station unlike the GPS. We show some numerical examples for evaluations of the proposed method considering an observation error by computer simulations.
キーワード (和) 無線LAN / 屋内位置推定 / 時計誤差 / GPS / 干渉測位 / 観測誤差 / /  
(英) Wireless LAN / Indoor Positioning / Clock error / GPS / Interferometric Positioning / Observation Error / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 346, WBS2017-54, pp. 107-110, 2017年12月.
資料番号 WBS2017-54 
発行日 2017-12-07 (WBS, ITS, RCC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ITS WBS RCC  
開催期間 2017-12-14 - 2017-12-15 
開催地(和) てぃるる/沖縄県市町村自治会館 
開催地(英) Tiruru/Okinawa Jichikaikan 
テーマ(和) ITS通信,高信頼制御通信,レーダ・センシング技術及び一般 (ポスターセッションあり) 
テーマ(英) ITS Communications, Reliable Communication and Control, Rader and Sensing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2017-12-ITS-WBS-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線LANを用いた干渉測位における位置推定誤差に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Location Estimation Error on Real Time Kinematic Positioning for Wireless LAN 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線LAN / Wireless LAN  
キーワード(2)(和/英) 屋内位置推定 / Indoor Positioning  
キーワード(3)(和/英) 時計誤差 / Clock error  
キーワード(4)(和/英) GPS / GPS  
キーワード(5)(和/英) 干渉測位 / Interferometric Positioning  
キーワード(6)(和/英) 観測誤差 / Observation Error  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 武者 大樹 / Hiroki Musha / ムシャ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 雅弘 / Masahiro Fujii / フジイ マサヒロ
第2著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-12-14 13:30:00 
発表時間 120 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-WBS2017-54,IEICE-ITS2017-31,IEICE-RCC2017-70 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.346(WBS), no.347(ITS), no.348(RCC) 
ページ範囲 pp.107-110 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-WBS-2017-12-07,IEICE-ITS-2017-12-07,IEICE-RCC-2017-12-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会