電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-14 15:35
仮想ネットワークによる車載IPネットワークのエミュレーション手法
川上真弘中村 遼山崎康広大崎博之関西学院大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年、高度運転支援システム (ADAS; Advanced Driver-Assistance System) と呼ばれる技術の発展に伴い、CAN (Control Area Network) や FlexRay のようなシリアルバスに加え、イーサネット技術を基礎とする車載ネットワーク実現への期待が高まっている。イーサネット上で高信頼かつ低遅延の通信を実現するための技術として EthernetAVB (Audio/Video Bridging) が有望視されている。一方、主にデータセンターネットワークを対象として、低遅延通信を実現するトランスポートプロトコル (低遅延 TCP) の研究も活発に行われている。EthernetAVB や、低遅延 TCP などの通信規格に対応した実験環境を構築することは不可能ではないが、多数の ECU (Electronic Control Unit) から構成されるような、複雑な車載ネットワークのための実験環境を構築することは困難である。本稿では、レイヤ 2 の EthernetAVB (802.1Qav) およびレイヤ 3 の ECN (RFC 3168) に対応した車載 IP ネットワーク環境を Linux オペレーティングシステムの仮想ネットワーク機能によってエミュレートする車載 IP ネットワークエミュレータ ATINET (AuTomotive IP NETwork emulator) を提案する。さらに、優先クラスに割り当てる帯域や、ATINET が動作する物理計算機の CPU 動作クロックを変化させた実験を行うことにより、さまざまな環境下における ATINET のエミュレーション精度を調査する。 
(英) In recent years, because of development of the automated driving system called ADAS (Advanced Driver-Assistance System), the automotive network not only with conventional serial bus communication protocols such as CAN (Control Area Network) and FlexRay, but also with Ethernet techniques has been attracting attention. EthernetAVB (Audio/Video Bridging) is expected as one of promising techniques for realization of high-reliability and low-latency communication on Ethernet. In contrast, there have been several researches on transport protocol realizing low-latency communication (low-latency TCP) in data-center networks. It is not impossible construct experiment environments which support communication protocols including EthernetAVB and law-latency TCP. However, it is difficult to construct experiment environments for complex automotive networks comprised by a lot of ECUs (Electronic Control Unit). In this paper, we propose a network emulator for automotive networks called ATINET (AuTomotive IP NETwork emulator), which emulates automotive IP network environments considering EthernetAVB (802.1Qav) at layer-2 and ECN (RFC 3168) at layer-3 by using network virtualization techniques in Linux operating system. In addition, by performing several experiments while changing the bandwidth allocated for the priority class and clock speed of CPU in a physical computer running the ATINET, we investigate how accurately ATINET emulates the automotive IP network environments.
キーワード (和) 車載 IP ネットワーク / エミュレーション / EthernetAVB (Audio/Video Bridging) / 低遅延 TCP / Data Center TCP (DCTCP) / / /  
(英) Automotive IP Network / Emulation / EthernetAVB (Audio/Video Bridging) / Low-Latency TCP / Data Center TCP (DCTCP) / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 354, IA2017-60, pp. 43-48, 2017年12月.
資料番号 IA2017-60 
発行日 2017-12-07 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IA IN  
開催期間 2017-12-14 - 2017-12-15 
開催地(和) 広島市立大学 
開催地(英) Hiroshima City Univ. 
テーマ(和) 性能評価とシミュレーション、信頼性技術、スループットやトラヒックの計測、品質(QoS)制御、輻輳制御、トラヒック・フロー制御、オーバーレイネットワーク・P2P、IPv6 、マルチキャスト、ルーティング、DDoS及び一般 
テーマ(英) Performance Analysis and Simulation, Robustness, Traffic and Throughput Measurement, Quality of Service (QoS) Control, Congestion Control, Overlay Network/P2P, IPv6, Multicast, Routing, DDoS, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2017-12-IA-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 仮想ネットワークによる車載IPネットワークのエミュレーション手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On Emulating Automotive IP Network with Network Virtualization 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 車載 IP ネットワーク / Automotive IP Network  
キーワード(2)(和/英) エミュレーション / Emulation  
キーワード(3)(和/英) EthernetAVB (Audio/Video Bridging) / EthernetAVB (Audio/Video Bridging)  
キーワード(4)(和/英) 低遅延 TCP / Low-Latency TCP  
キーワード(5)(和/英) Data Center TCP (DCTCP) / Data Center TCP (DCTCP)  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川上 真弘 / Masahiro Kawaue / カワウエ マサヒロ
第1著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 遼 / Ryo Nakamura / ナカムラ リョウ
第2著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 康広 / Yasuhiro Yamasaki / ヤマサキ ヤスヒロ
第3著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大崎 博之 / Hiroyuki Ohsaki / オオサキ ヒロユキ
第4著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-12-14 15:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2017-60 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.354 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IA-2017-12-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会