電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-14 13:30
[ポスター講演]変形M系列を用いたチャネルシミュレータの検討
中務光基竹村真志森田宗一郎村山陽寛久保博嗣立命館大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本報告では,音響通信の実伝搬環境を計算機上にて模擬することを目的としたチャネルシミュレータに関して論じる.音響通信では,時間選択性と周波数選択性が同時に発生する厳しいダブルセレクティブ伝搬環境となるため,この環境に対応可能なチャネルシミュレータの構築,及び,チャネルサウンド技術が必要となる.提案するチャネルシミュレータにより,実環境で計測した伝送路インパルス応答と雑音を用いて計算機上で音響伝搬路を模擬することができ,音響通信方式の性能評価や比較が可能となる.また,変形M系列を用いて,チャネルサウンドでのチャネル推定精度を改善する.本報告では,チャネルシミュレータの構成,及び変形M系列を用いたチャネルサウンダについて論じた後,符号間干渉のない環境において標本化周波数誤差により引き起こされる伝送路変動を評価する. 
(英) This paper discusses a channel simulator in order to simulate acoustic channels with computer. Acoustic communications suffer from severe time and frequency selective channels, i.e., double selective channels. Thus, acoustic communications need construction of channel simulators and channel sounding techniques for acoustic channels. As the proposed channel simulators can simulate acoustic channels by means of channel impulse responses and noises measured in actual acoustic environment, it can evaluate performance and can compare performance of acoustic communications schemes. This paper also discusses performance improvement schemes of channel sounding by using modified M sequence. This paper discusses construction of channel simulators for acoustic channels and channel sounding by using modified M sequence, then evaluates channel variation caused by sampling frequency error without inter-symbol interference.
キーワード (和) 音響通信 / 変形M系列 / チャネルシミュレータ / チャネルサウンダ / ダブルセレクティブ伝搬環境 / / /  
(英) Acoustic Communications / Modified M Sequence / A Channel Simulator / Channel Sounders / Double Selective Channel Environment / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 346, WBS2017-50, pp. 85-88, 2017年12月.
資料番号 WBS2017-50 
発行日 2017-12-07 (WBS, ITS, RCC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ITS WBS RCC  
開催期間 2017-12-14 - 2017-12-15 
開催地(和) てぃるる/沖縄県市町村自治会館 
開催地(英) Tiruru/Okinawa Jichikaikan 
テーマ(和) ITS通信,高信頼制御通信,レーダ・センシング技術及び一般 (ポスターセッションあり) 
テーマ(英) ITS Communications, Reliable Communication and Control, Rader and Sensing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2017-12-ITS-WBS-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 変形M系列を用いたチャネルシミュレータの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Channel Simulator Using Modified M Sequence 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音響通信 / Acoustic Communications  
キーワード(2)(和/英) 変形M系列 / Modified M Sequence  
キーワード(3)(和/英) チャネルシミュレータ / A Channel Simulator  
キーワード(4)(和/英) チャネルサウンダ / Channel Sounders  
キーワード(5)(和/英) ダブルセレクティブ伝搬環境 / Double Selective Channel Environment  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中務 光基 / Kouki Nakatsukasa / ナカツカサ コウキ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹村 真志 / Masashi Takemura / タケムラ マサシ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 森田 宗一郎 / Souichiro Morita / モリタ ソウイチロウ
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 村山 陽寛 / Akinobu Murayama / ムラヤマ アキノブ
第4著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保 博嗣 / Hiroshi Kubo / クボ ヒロシ
第5著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-12-14 13:30:00 
発表時間 120 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-WBS2017-50,IEICE-ITS2017-27,IEICE-RCC2017-66 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.346(WBS), no.347(ITS), no.348(RCC) 
ページ範囲 pp.85-88 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-WBS-2017-12-07,IEICE-ITS-2017-12-07,IEICE-RCC-2017-12-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会