電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-13 12:55
RGB-Dカメラを用いた歩行安全領域の検出と提示方法の検討
今井健太北原 格亀田能成筑波大
抄録 (和) 視覚障がい者は歩行時に白杖を携帯することが義務付けられているが,白杖では歩行安全領域を検出できる範囲が狭い.本研究ではタブレット端末に装着したRGB-Dカメラとタブレット端末内に内蔵されている、加速度センサとジャイロセンサを用いて,視覚障がい者の前方の平面な領域を白杖よりも広範囲に検出する.障害物や段差等を検出した際,音声による提示を行うことにより,視覚障がい者の安全な歩行を支援する.本論文では、歩行安全領域検出の検証実験、また障害物などを検出した際の音声フィードバックシステムについての検討をする。 
(英) When visually impaired people have to walk out, they have to use white canes, but the range that can be covered by a white cane is not long enough to walk safely. We propose to detect longer walkable plane areas than a white cane by using a RGB-D Camera, the accelerometer and the gyrometer in the tablet terminal that is attached to the RGB-D Camera. When we detect obstacles or steps, we give to the visually impaired person sounds feedback to assist them so that they can walk safely. In this paper, we perform a verification experiment of walkable plane detection and consider the sounds feedback system.
キーワード (和) 視覚障がい者 / 単独歩行支援 / RGB-Dカメラ / 音声フィードバック / / / /  
(英) visually impaired people / alone walking support / RGB-D Camera / sounds feedback / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2017-12-13 - 2017-12-15 
開催地(和) 金沢歌劇座(金沢) 
開催地(英) THE KANAZAWA THEATRE 
テーマ(和) HCGシンポジウム2017 
テーマ(英) Human communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2017-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) RGB-Dカメラを用いた歩行安全領域の検出と提示方法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) a study on walkable plane detection and its presentation based on RGB-D Camera 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視覚障がい者 / visually impaired people  
キーワード(2)(和/英) 単独歩行支援 / alone walking support  
キーワード(3)(和/英) RGB-Dカメラ / RGB-D Camera  
キーワード(4)(和/英) 音声フィードバック / sounds feedback  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 今井 健太 / Kenta Imai / イマイ ケンタ
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
Tsukuba University (略称: Tsukuba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 北原 格 / Itaru Kitahara / キタハラ イタル
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 計算科学研究センター (略称: 筑波大)
Tsukuba University (略称: Tsukuba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀田 能成 / Yoshinari Kameda / カメダ ヨシナリ
第3著者 所属(和/英) 筑波大学 計算科学研究センター (略称: 筑波大)
Tsukuba University (略称: Tsukuba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-12-13 12:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会