電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-13 15:30
社会的ネットワーク内の行為者における2次の隔たりに対する接続特性の分析
天野俊一小川健一朗三宅美博東工大
抄録 (和) 社会集団における行為者間の繋がりの構造を分析するために,社会的ネットワーク分析が古くから用いられてきた.近年では,重み付き複雑ネットワーク分析の手法に基づく社会的ネットワーク分析も行われている.しかし,こうした分析では各行為者が新規のコミュニケーションを行う上で重要と考えられる2次の隔たりに対する接続特性が考慮されない傾向にある.本研究では,当該特性を包含する新たな社会的ネットワーク分析手法を提案し,実際の社会集団における対面コミュニケーションのデータへ適用する.また,結果として提案手法が社会集団内のサブグループに特有の傾向を明瞭に可視化できることを示す. 
(英) In order to analyze the structure of connection between social actors in a social group, social network analysis has been performed for a long time. In recent years, social network analysis based on the methodology of weighted complex network analysis has been also performed. However, such analysis neglects the connective properties to two degrees of separation, which is essential aspects for social actor’s new communication. In this research, we propose a new structure indicator representing such property, and apply it to data on face-to-face communication in a social organization. As a result, we show proposed indicator can clearly visualize the unique trends in sub-groups.
キーワード (和) 社会的ネットワーク分析 / 重み付き複雑ネットワーク / ノード中心性 / 対面コミュニケーション / / / /  
(英) Social network analysis / Weighted complex network / Node centrality / Face-to-face communication / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2017-12-13 - 2017-12-15 
開催地(和) 金沢歌劇座(金沢) 
開催地(英) THE KANAZAWA THEATRE 
テーマ(和) HCGシンポジウム2017 
テーマ(英) Human communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2017-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 社会的ネットワーク内の行為者における2次の隔たりに対する接続特性の分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of social networks considering connective property to social actors within two degrees of separation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 社会的ネットワーク分析 / Social network analysis  
キーワード(2)(和/英) 重み付き複雑ネットワーク / Weighted complex network  
キーワード(3)(和/英) ノード中心性 / Node centrality  
キーワード(4)(和/英) 対面コミュニケーション / Face-to-face communication  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 天野 俊一 / Shun-ichi Amano / アマノ シュンイチ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo institute of technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 健一朗 / Ken-ichiro Ogawa / オガワ ケンイチロウ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo institute of technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三宅 美博 / Yosihiro Miyake / ミヤケ ヨシヒロ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo institute of technology (略称: Tokyo Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-12-13 15:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会