お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-13 13:40
カメラベース位置推定手法へのPDRの統合及び音声インタフェースの検討
釜坂一歩北原 格筑波大)・一刈良介興梠正克蔵田武志産総研)・亀田能成筑波大
抄録 (和) 我々は視覚障害者の単独歩行支援を目的とし,カメラを用いた経路上の位置推定手法を提案している.視覚障害者が外出する際には,計画された経路について予習を行い,頭の中に構築されたメンタルマップに基づき自己位置を推定している.単独での外出を支援するためにナビゲータが提示すべき情報として,1)自己位置を判断するために必要な周囲のランドマーク情報,2)目的地に到着するための進行方向情報が挙げられる.これらの情報を提示するためには歩行者の進行方向が必要となるため,歩行者の位置と方向を推定することができる歩行者自律航法(PDR)手法を,これまで使用してきたカメラベース手法に統合する.また,視覚障害者へのナビゲーション情報の提示手段として三次元音響提示手法を用いた方法について検討する. 
(英) We are proposed a location estimation method only using a camera that supports walking out of visually impaired people. Visually impaired people plan a walking route to the destination before goes out, and estimates its location based on the mental map built in his/her head. We consider two information to be presented by the navigator to support going out alone. 1) surrounding landmark information that are necessary for estimating own location. 2) traveling direction information for arriving at the destination. In order to present these information, it is necessary to estimate the walker’s traveling direction. So we integrate a method called pedestrian dead reckoning (PDR) that can estimate walker’s relative movement to our camera based location estimation method. In addition, we will consider an audio notification method for navigation using three dimensional sound presentation.
キーワード (和) 歩行者ナビゲーション / 視覚障害者支援 / 画像認識 / 歩行者自律航法 / 三次元音響提示 / / /  
(英) Pedestrian navigation / Support for the blind / Image recognition / Pedestrian dead reckoning / three dimensional sound presentation / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2017-12-13 - 2017-12-15 
開催地(和) 金沢歌劇座(金沢) 
開催地(英) THE KANAZAWA THEATRE 
テーマ(和) HCGシンポジウム2017 
テーマ(英) Human communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2017-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) カメラベース位置推定手法へのPDRの統合及び音声インタフェースの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Integration the PDR to camera-based location estimation and a study of its sound navigation interface 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 歩行者ナビゲーション / Pedestrian navigation  
キーワード(2)(和/英) 視覚障害者支援 / Support for the blind  
キーワード(3)(和/英) 画像認識 / Image recognition  
キーワード(4)(和/英) 歩行者自律航法 / Pedestrian dead reckoning  
キーワード(5)(和/英) 三次元音響提示 / three dimensional sound presentation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 釜坂 一歩 / Kazuho Kamasaka / カマサカ カズホ
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
Tsukuba University (略称: Tsukuba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 北原 格 / Itaru Kitahara / キタハラ イタル
第2著者 所属(和/英) 筑波大学計算科学研究センター (略称: 筑波大)
Tsukuba University (略称: Tsukuba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 一刈 良介 / Ryosuke Ichikari / イチカリ リョウスケ
第3著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所/人間情報研究部門 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 興梠 正克 / Masakatsu Kourogi / コウロギ マサカツ
第4著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所/人間情報研究部門 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 蔵田 武志 / Takeshi Kurata / クラタ タケシ
第5著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所/人間情報研究部門 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀田 能成 / Yoshinari Kameda / カメダ ヨシナリ
第6著者 所属(和/英) 筑波大学計算科学研究センター (略称: 筑波大)
Tsukuba University (略称: Tsukuba Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-12-13 13:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会