電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-13 09:10
創造性,問題解決,および学習に関わる認知プロセスの関連性
佐藤好幸福田玄明野並 新東大)・鮫島和行玉川大)・植田一博東大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 本研究では,創造性課題の成績と他の種類の問題解決能力との関係性を調べることで,創造性の認知メカニズムを解明することを目指す.創造性を測るため3種類のアイデア生成課題を参加者に課し,回答を5つの評価項目で評価した.さらに,他の種類の問題解決課題(強化学習課題,ハノイの塔課題,コイン場所当て課題)を課し,各課題を特徴づけるパラメータや成績と創造性との関連性を調べた.その結果,強化学習課題においてリスクを気にしない参加者ほどアイデアを多数生成すること,およびコイン場所当て課題における学習の大きさとアイデア生成課題の独自性との間に関連性があることがわかった.この結果は創造性の認知メカニズムを解明する今後の研究の足がかりを与えるものである. 
(英) In this study, we try to elucidate the cognitive mechanism of creativity by analyzing the relationship between the performance of creativity tasks and other types of problem solving tasks. For measuring creativity, participants completed three idea generation tasks, and we evaluated their answers using 5 different measures. All participants also performed other types of problem solving tasks (reinforcement task, Tower of Hanoi task, and coin location estimation task). We analyzed how their performance and the model parameters that characterize the tasks were related to creativity. Our results showed that the participants who were less sensitive to the risk of missing rewards in the reinforcement learning task tended to generate more ideas, and that the participants who learned more in the coin location estimation task tended to generate more unique ideas. These results provide new directions to future researches on the cognitive mechanism of creativity.
キーワード (和) 創造性 / 問題解決 / 発散的思考 / 強化学習 / ハノイの塔 / 確率学習 / /  
(英) Creativity / Problem solving / Divergent thinking / Reinforcement learning / Tower of Hanoi / Probability learning / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2017-12-13 - 2017-12-15 
開催地(和) 金沢歌劇座(金沢) 
開催地(英) THE KANAZAWA THEATRE 
テーマ(和) HCGシンポジウム2017 
テーマ(英) Human communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2017-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 創造性,問題解決,および学習に関わる認知プロセスの関連性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Relationships between the cognitive processing of creativity, problem solving, and learning 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 創造性 / Creativity  
キーワード(2)(和/英) 問題解決 / Problem solving  
キーワード(3)(和/英) 発散的思考 / Divergent thinking  
キーワード(4)(和/英) 強化学習 / Reinforcement learning  
キーワード(5)(和/英) ハノイの塔 / Tower of Hanoi  
キーワード(6)(和/英) 確率学習 / Probability learning  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 好幸 / Yoshiyuki Sato / サトウ ヨシユキ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: U-Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 玄明 / Haruaki Fukuda / フクダ ハルアキ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: U-Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 野並 新 / Arata Nonami / ノナミ アラタ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: U-Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 鮫島 和行 / Kazuyuki Samejima / サメジマ カズユキ
第4著者 所属(和/英) 玉川大学 (略称: 玉川大)
Tamagawa University (略称: Tamagawa)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 植田 一博 / Kazuhiro Ueda / ウエダ カズヒロ
第5著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: U-Tokyo)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-12-13 09:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会