お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-13 16:10
スパース構造学習を用いた運転情報による漫然状態の分析 ~ 視認性の差異に基づく考察 ~
阪部禎幸伊藤桃代徳島大)・佐藤和人秋田県立大)・伊藤伸一福見 稔徳島大
抄録 (和) 交通事故の最大の要因は認知・判断のミスによる漫然運転である.漫然運転時の運転行動の変化を検出することができれば,交通事故の予防や,自動運転時の運転権限委譲の問題に対応することが可能となる.本稿では,スパース構造学習を用いてドライバの情報の相関から,平常状態と注意散漫状態の差異を分析する.ドライバの運転行動情報としては,視線,顔向き,心拍数,速度,加速度,およびハンドルの傾きを使用する.これらの情報が視認性の差異によってどのように変化するか,分析する. 
(英) The aimless driving is one of the most common cause of the traffic accidents. If we can detect a change of driver's behavior according to the aimless driving, the detection will achieve prevention of traffic accidents and safety takeover of autonomous driving. In this paper, we analyze a deference between normal condition and distracted condition by using sparse structure learning based on correlation of driver's information. We use eye gaze, face direction, heartbeat, vehicle velocity, acceleration, and tilt of handle. We analyze the change of driving information according to the visibility.
キーワード (和) スパース構造学習 / ドライバ情報 / 漫然状態 / GGM / / / /  
(英) Sparse structure learning / Driver information / Inattentive state / GGM / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2017-12-13 - 2017-12-15 
開催地(和) 金沢歌劇座(金沢) 
開催地(英) THE KANAZAWA THEATRE 
テーマ(和) HCGシンポジウム2017 
テーマ(英) Human communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2017-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スパース構造学習を用いた運転情報による漫然状態の分析 
サブタイトル(和) 視認性の差異に基づく考察 
タイトル(英) Analysis of inattentive state by driving information using sparse structure learning 
サブタイトル(英) Consideration Based on Difference in Visibility 
キーワード(1)(和/英) スパース構造学習 / Sparse structure learning  
キーワード(2)(和/英) ドライバ情報 / Driver information  
キーワード(3)(和/英) 漫然状態 / Inattentive state  
キーワード(4)(和/英) GGM / GGM  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 阪部 禎幸 / Tomoyuki Sakabe / サカベ トモユキ
第1著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 桃代 / Momoyo Ito / イトウ モモヨ
第2著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 和人 / Kazuhito Sato / サトウ カズヒト
第3著者 所属(和/英) 秋田県立大学 (略称: 秋田県立大)
Akita Prefectural University (略称: Akita Pref. Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 伸一 / Shin-ichi Ito / イトウ シンイチ
第4著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 福見 稔 / Minoru Fukumi / フクミ ミノル
第5著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-12-13 16:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会