電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-10 08:10
Experimental Verification of Optimal Load to Achieve Maximum Efficiency in Capacitive Power Transfer with Resonance Coupling
Kenta SuzukiTakehiro ImuraYoichi HoriUTokyo
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) Wireless power transfer (WPT) has become an important technology due to its wide range of applications.
This paper focuses on capacitive power transfer (CPT) with resonance coupling because it is better than widely known inductive power transfer (IPT) in terms of cost and weight.
Past research of CPT rarely considered the optimal load to achieve the maximum efficiency although that of IPT with resonance coupling did.
Hence, in this paper, a design method for optimal load to achieve the maximum efficiency is proposed.
The proposed method is verified with the circuit calculations and experiments showing efficiency characteristics with load variation.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Wireless power transfer / capacitive power transfer / resonance coupling / optimal load / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 WPT  
開催期間 2017-12-09 - 2017-12-11 
開催地(和) シンガポール国立大学 
開催地(英) National University of Singapore(AWPT2017) 
テーマ(和) 2017 Asian Wireless Power Transfer Workshop (AWPT2017) 
テーマ(英) 2017 Asian Wireless Power Transfer Workshop (AWPT2017) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WPT 
会議コード 2017-12-WPT 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental Verification of Optimal Load to Achieve Maximum Efficiency in Capacitive Power Transfer with Resonance Coupling 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Wireless power transfer  
キーワード(2)(和/英) / capacitive power transfer  
キーワード(3)(和/英) / resonance coupling  
キーワード(4)(和/英) / optimal load  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 賢太 / Kenta Suzuki / スズキ ケンタ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 居村 岳広 / Takehiro Imura / イムラ タケヒロ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀 洋一 / Yoichi Hori / ホリ ヨウイチ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-12-10 08:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WPT 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会