お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-07 14:30
[招待講演]ディジタルホログラム技術を導入した多値記録ホログラフィックメモリシステム
信川輝吉野村孝徳和歌山大MR2017-30 エレソ技報アーカイブへのリンク:MR2017-30
抄録 (和) 光波の振幅・位相の両方を活用してホログラフィックメモリの大容量化を実現することを目的とし,ディジタルホログラム技術の応用を提案してきた.ディジタルホログラム技術の応用により,従来のホログラフィックメモリでは実現できなかった,光利用効率の向上,クロストークノイズの低減,多値記録が可能となる.本研究によりホログラフィックメモリで振幅・位相の両方を活用する意義が明らかになり,提案システムはホログラフィックメモリの大容量化に貢献することが期待される. 
(英) A holographic storage system with digital holographic techniques has been proposed in order to realize large storage capacity by making use of the amplitude and the phase of a beam. The introduction of digital holographic techniques to holographic data storage brings some advantages such as improving light efficiency, reducing crosstalk noise, and implementing multilevel recording, which are known as technical difficulties in conventional holographic data storage. This study reveals the significance of the use of both the amplitude and the phase in holographic data storage, and the proposed system would contribute the development of large-capacity holographic data storage.
キーワード (和) ホログラフィックメモリ / 計算機合成ホログラム / ディジタルホログラフィ / 多値記録 / 空間光変調器 / / /  
(英) Holographic data storage / Computer-generated hologram / Digital holography / Multilevel recording / Spatial light modulator / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, 2017年12月.
資料番号  
発行日 2017-11-30 (MR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MR2017-30 エレソ技報アーカイブへのリンク:MR2017-30

研究会情報
研究会 MRIS ITE-MMS  
開催期間 2017-12-07 - 2017-12-08 
開催地(和) 愛媛大学 
開催地(英) Ehime Univ. 
テーマ(和) 信号処理,一般 
テーマ(英) Signal Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MRIS 
会議コード 2017-12-MR-MMS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ディジタルホログラム技術を導入した多値記録ホログラフィックメモリシステム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Multilevel recording holographic storage system with digital holographic techniques 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ホログラフィックメモリ / Holographic data storage  
キーワード(2)(和/英) 計算機合成ホログラム / Computer-generated hologram  
キーワード(3)(和/英) ディジタルホログラフィ / Digital holography  
キーワード(4)(和/英) 多値記録 / Multilevel recording  
キーワード(5)(和/英) 空間光変調器 / Spatial light modulator  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 信川 輝吉 / Teruyoshi Nobukawa / ノブカワ テルヨシ
第1著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 野村 孝徳 / Takanori Nomura / ノムラ タカノリ
第2著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-12-07 14:30:00 
発表時間 40 
申込先研究会 MRIS 
資料番号 IEICE-MR2017-30 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.338 
ページ範囲 pp.23-27 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-MR-2017-11-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会