電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-07 13:15
[ポスター講演]光技術を用いた高繰り返しテラヘルツ波パルス生成法の検討
光枝 健山中友輔加藤和利九大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 我々は、無線通信システムの高速化技術として、テラヘルツ領域の繰り返し周期を持つパルス波キャリアを検討している。このテラヘルツ波パルス波生成法として、周波数の異なる複数の光波を重ね合わせて生成した高繰り返し光パルス波を、フォトダイオード(UTC-PD)を用いて光電変換するシステムを検討してきた。また、生成した光パルス波と光電変換後のテラヘルツ波パルスを自己遅延干渉により評価する方法を考案している。今回高繰り返し光パルス波を生成し、本測定法を用いてその光パルス幅を評価したので報告する。 
(英) We have studied the use of pulse waves with a high-repetition frequency in the terahertz region that can achieve the same data rate as the carrier frequency at a wireless communication. As a pulse generation method, we investigated a system that photoelectrically converts high repetitive optical pulses using a photodiode (UTC-PD). We then proposed a measurement method of the high-repetition optical pulses by self-delayed interference. In this report, we generated high-repetition pulses by superposing several lightwaves with different frequencies and measured their pulse width.
キーワード (和) 光干渉 / テラヘルツ波 / パルス波 / フォトミキシング / / / /  
(英) Light interference / Terahertz wave / Pulse wave / Photomixing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 339, OPE2017-107, pp. 93-96, 2017年12月.
資料番号 OPE2017-107 
発行日 2017-11-30 (OPE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 OPE  
開催期間 2017-12-07 - 2017-12-08 
開催地(和) まりんぴあみやこ 
開催地(英)  
テーマ(和) 光パッシブコンポーネント(フィルタ,コネクタ,MEMS)、シリコンフォトニクス、その他一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OPE 
会議コード 2017-12-OPE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 光技術を用いた高繰り返しテラヘルツ波パルス生成法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) High-Repetition-Frequency Terahertz-Wave-Pulse Generation Based on Photonic Technique 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光干渉 / Light interference  
キーワード(2)(和/英) テラヘルツ波 / Terahertz wave  
キーワード(3)(和/英) パルス波 / Pulse wave  
キーワード(4)(和/英) フォトミキシング / Photomixing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 光枝 健 / Ken Mitsueda / ミツエダ ケン
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山中 友輔 / Yusuke Yamanaka / ヤマナカ ユウスケ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 和利 / Kazutoshi Kato / カトウ カズトシ
第3著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-12-07 13:15:00 
発表時間 100 
申込先研究会 OPE 
資料番号 IEICE-OPE2017-107 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.339 
ページ範囲 pp.93-96 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-OPE-2017-11-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会