電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-06 13:50
重度運動障害者にとって使いやすいユーザインタフェースに関する心理学的研究
嚴 筵景苅田知則柴田 論八木良広伊勢本 大愛媛大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 最近,視線入力技術は,次世代のユーザインタフェースとして開発や普及が進んでおり,障害者福祉の分野でも注目されている.特に,病気や事故などによって,上下肢及び体幹機能を損失した人のパソコン操作に利用できるのではないかと,期待されている.しかし,今までキーボードやマウスなどを使ってパソコンを操作してきた人が,中途運動障害者になって,新しいインタフェースを用いてパソコンを操作するときに起こる,使いにくさ(精神的な負担や疲労感など)については検討されていない.本研究では,20代の学生,10名が病気や事故などによって,手足が不自由,発話ができない,最重度の中途運動障害者になった場合を想定して,キーボード・マウスを用いてパソコンを操作してきた人が,新しい入力装置である視線入力装置を用いて操作する時に起こる精神的な負担や疲労感などについて検討した. 
(英) Recently, Eye tracking technology has been improved and increasing its supply as an interface of future generation, and it has been focused in the field of welfare service for the disabilities. We hypothesized that “Eye tracking method” will be an useful interface to use computers for people who lost their arms or legs, or even their trunk functions by diseases or accidents. However, it has not been studied about the difficulty in use (emotional strain, tiredness and so on) that Acquire Disabilities would face using new interface compared to his prior use of keyboard and mouse has not been thoroughly examined. In this study, 10 students in 20s who have severe motor disabilities and difficulty of speaking were studied, and I examined emotional strains and tirednesses that one would face using eye tracking method compared to his prior experience with keyboard and mouse for computer use.
キーワード (和) 視線入力 / 運動障害 / ユーザインタフェース / 精神的な負担 / 疲労感 / / /  
(英) Eye tracking / Motor Disability / User interface / Emotional strain / Tiredness / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 337, WIT2017-53, pp. 43-46, 2017年12月.
資料番号 WIT2017-53 
発行日 2017-11-29 (WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 WIT HI-SIGACI  
開催期間 2017-12-06 - 2017-12-07 
開催地(和) 産総研臨海副都心センター(東京) 
開催地(英) AIST Tokyo Waterfront 
テーマ(和) 個々のニーズに立脚した高齢者・障害者支援技術および一般 
テーマ(英) Well-being Information Technology 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WIT 
会議コード 2017-12-WIT-SIGACI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 重度運動障害者にとって使いやすいユーザインタフェースに関する心理学的研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Psychological Research on User interfaces for People with Severe Motor Disabilities 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視線入力 / Eye tracking  
キーワード(2)(和/英) 運動障害 / Motor Disability  
キーワード(3)(和/英) ユーザインタフェース / User interface  
キーワード(4)(和/英) 精神的な負担 / Emotional strain  
キーワード(5)(和/英) 疲労感 / Tiredness  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 嚴 筵景 / YeonKyung Eom / オム ヨンギョン
第1著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 苅田 知則 / Tomonori Karita / カリタ トモノリ
第2著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴田 論 / Satoru Shibata / シバタ サトル
第3著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 八木 良広 / Yoshihiro Yagi / ヤギ ヨシヒロ
第4著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊勢本 大 / Dai Isemoto /
第5著者 所属(和/英) 愛媛大学 (略称: 愛媛大)
Ehime University (略称: Ehime Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-12-06 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WIT 
資料番号 IEICE-WIT2017-53 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.337 
ページ範囲 pp.43-46 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-WIT-2017-11-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会