お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-01 16:00
HRTF Personalization Based on Pinna Shape Estimation with Handy 3D Scanner
Zhuan ZuoTakahiro FukumoriMasato NakayamaTakanobu NishiuraRitsumeikan Univ.EA2017-81
抄録 (和) A binaural system using only headphones with head-related transfer functions (HRTFs) has been studied for reproducing a three-dimensional (3D) sound field. In order to get accurate reproduction, it is necessary to use the listener’s own HRTF or a suitable HRTF. For this purpose, we have proposed a conventional method that selects the nearest HRTF from an HRTF database for the listener using spectral notch frequencies which were estimated from five pinna images taken by a stereo camera. However, there are some problems such as every image needs to be taken in actual angle respectively. In order to solve these problems, we proposed a new method in which spectral notch frequencies were estimated from a 3D pinna model scanned by a handy 3D scanner. Through two objective experiments evaluating estimation accuracy of the individualized HRTFs and time spent on measurement, the results revealed that the proposed method provided a simpler and accurate HRTF personalization compared to our conventional method. 
(英) A binaural system using only headphones with head-related transfer functions (HRTFs) has been studied for reproducing a three-dimensional (3D) sound field. In order to get accurate reproduction, it is necessary to use the listener’s own HRTF or a suitable HRTF. For this purpose, we have proposed a conventional method that selects the nearest HRTF from an HRTF database for the listener using spectral notch frequencies which were estimated from five pinna images taken by a stereo camera. However, there are some problems such as every image needs to be taken in actual angle respectively. In order to solve these problems, we proposed a new method in which spectral notch frequencies were estimated from a 3D pinna model scanned by a handy 3D scanner. Through two objective experiments evaluating estimation accuracy of the individualized HRTFs and time spent on measurement, the results revealed that the proposed method provided a simpler and accurate HRTF personalization compared to our conventional method.
キーワード (和) Head-related transfer functions / Personalization / 3D pinna shape / Handy 3D scanner / / / /  
(英) Head-related transfer functions / Personalization / 3D pinna shape / Handy 3D scanner / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 328, EA2017-81, pp. 121-126, 2017年11月.
資料番号 EA2017-81 
発行日 2017-11-23 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2017-81

研究会情報
研究会 EA ASJ-H  
開催期間 2017-11-30 - 2017-12-01 
開催地(和) オークランド大学(ニュージーランド) 
開催地(英) University of Auckland (New Zealand) 
テーマ(和) 応用/電気音響,聴覚,一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, Psychological and Physiological Acoustics, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2017-11-EA-H 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) HRTF Personalization Based on Pinna Shape Estimation with Handy 3D Scanner 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Head-related transfer functions / Head-related transfer functions  
キーワード(2)(和/英) Personalization / Personalization  
キーワード(3)(和/英) 3D pinna shape / 3D pinna shape  
キーワード(4)(和/英) Handy 3D scanner / Handy 3D scanner  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 左 傳 / Zhuan Zuo / サ デン
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福森 隆寛 / Takahiro Fukumori / フクモリ タカヒロ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中山 雅人 / Masato Nakayama / ナカヤマ マサト
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 西浦 敬信 / Takanobu Nishiura / ニシウラ タカノブ
第4著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-12-01 16:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2017-81 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.328 
ページ範囲 pp.121-126 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2017-11-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会