電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-30 10:40
A Comparative Study on Acoustic Characteristics of Orchestral Instruments Using 768 kHz/32 bit Super High Resolution Measurement System
Yuka ManabeTomoaki MagomeKan OkuboTokyo Met. Univ.EA2017-60
抄録 (和) For the past several decades, many studies have been reported about the influence of the material of musical instruments on the timbre. In most of these reports, however, they investigated the effects in the audible frequency band. With the recent development of information and communication technology, super high resolution recording and reproducing technology is becoming available for acoustic systems. That is, it has become easy to treat high resolution date. And in recent years, reasonable price version of wind instruments made of plastic (ABS resin) has appeared, which is used for educational and outdoor applications because of its ease of availability. In this study, we make a comparative evaluation of the acoustic characteristics including the inaudible frequency band using 768 kHz/32 bit super high resolution measurement system in an acoustic anechoic chamber. Harmonic and/or inharmonic overtone components in the inaudible range were measured for some instruments, which seems to be necessary for comparison of the acoustic characteristics of musical instruments. 
(英) For the past several decades, many studies have been reported about the influence of the material of musical instruments on the timbre. In most of these reports, however, they investigated the effects in the audible frequency band. With the recent development of information and communication technology, super high resolution recording and reproducing technology is becoming available for acoustic systems. That is, it has become easy to treat high resolution date. And in recent years, reasonable price version of wind instruments made of plastic (ABS resin) has appeared, which is used for educational and outdoor applications because of its ease of availability. In this study, we make a comparative evaluation of the acoustic characteristics including the inaudible frequency band using 768 kHz/32 bit super high resolution measurement system in an acoustic anechoic chamber. Harmonic and/or inharmonic overtone components in the inaudible range were measured for some instruments, which seems to be necessary for comparison of the acoustic characteristics of musical instruments.
キーワード (和) anechoic chamber / super high resolution / wind instrument / ABS resinous instruments / plastic / trumpet / saxophone / clarinet  
(英) anechoic chamber / super high resolution / wind instrument / ABS resinous instruments / plastic / trumpet / saxophone / clarinet  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 328, EA2017-60, pp. 13-18, 2017年11月.
資料番号 EA2017-60 
発行日 2017-11-23 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2017-60

研究会情報
研究会 EA ASJ-H  
開催期間 2017-11-30 - 2017-12-01 
開催地(和) オークランド大学(ニュージーランド) 
開催地(英) University of Auckland (New Zealand) 
テーマ(和) 応用/電気音響,聴覚,一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, Psychological and Physiological Acoustics, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2017-11-EA-H 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Comparative Study on Acoustic Characteristics of Orchestral Instruments Using 768 kHz/32 bit Super High Resolution Measurement System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) anechoic chamber / anechoic chamber  
キーワード(2)(和/英) super high resolution / super high resolution  
キーワード(3)(和/英) wind instrument / wind instrument  
キーワード(4)(和/英) ABS resinous instruments / ABS resinous instruments  
キーワード(5)(和/英) plastic / plastic  
キーワード(6)(和/英) trumpet / trumpet  
キーワード(7)(和/英) saxophone / saxophone  
キーワード(8)(和/英) clarinet / clarinet  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 真鍋 友花 / Yuka Manabe / マナベ ユカ
第1著者 所属(和/英) 首都大学東京大学院 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Met. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 馬込 智瑛 / Tomoaki Magome / マゴメ トモアキ
第2著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Met. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大久保 寛 / Kan Okubo / カン オオクボ
第3著者 所属(和/英) 首都大学東京大学院 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Met. Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-30 10:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2017-60 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.328 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2017-11-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会