電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-17 15:15
熱電変換材料開発に向けたEDOT気相重合条件の最適化
平井 愛小柴康子堀家匠平神戸大)・森本勝大神戸大/富山大)・三崎雅裕神戸大/近畿大高専)・福島達也石田謙司神戸大OME2017-31 エレソ技報アーカイブへのリンク:OME2017-31
抄録 (和) 気相重合法によりポリ(3,4-エチレンジオキシチオフェン)/PEDOTの作製を行った。反応条件の最適化に向けて反応時間・ドーパント(酸化剤)供給量によるPEDOT膜の構造・物性を評価した。PEDOT膜の形状の変化と、ドーピングレベル変化から、気相重合によるPEDOT膜ボトムアップ形成のモデルを提案した。酸化剤薄膜上で作製したPEDOT薄膜でゼーベック係数は最大値28.9 μV/Kを示した。一方、酸化剤の供給量を増やすとPEDOT膜のドーピングレベル、および導電率は向上したがゼーベック係数は低下した。以上から、気相重合法により作製したPEDOT薄膜の熱電変換特性は重合中の酸化剤供給量により制御可能であると考えられ、重合条件最適化の可能性が示された。 
(英) Poly(3,4-ethylenedioxythiophene) (PEDOT) were synthesized via vapor-phase polymerization (VPP) of the 3,4-ethylenedioxythiophene (EDOT) monomer. The morphology of the VPP-PEDOT films changed depending on the reaction time, and the bottom-up growth of the PEDOT thin films was suggested. By increasing of the supply of an oxidant during the polymerization, the doping level and the conductivity of the PEDOT films increased, however the Seebeck coefficient decreased. It was indicated that the relationship between the doping level and the physical properties is important to optimize the condition of the PEDOT fabrication for thermoelectric conversion material.
キーワード (和) ポリ(3,4-エチレンジオキシチオフェン):PEDOT / 気相重合 / 熱電変換 / / / / /  
(英) Poly(3,4-ethylendioxthiophene):PEDOT / Vapor phase polymerization / Thermoelectric / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 313, OME2017-31, pp. 21-26, 2017年11月.
資料番号 OME2017-31 
発行日 2017-11-10 (OME) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OME2017-31 エレソ技報アーカイブへのリンク:OME2017-31

研究会情報
研究会 OME  
開催期間 2017-11-17 - 2017-11-17 
開催地(和) 大阪大学中之島センター 
開催地(英) Osaka Univ. Nakanoshima Center 
テーマ(和) 有機デバイス・センサー,一般 
テーマ(英) Organic devices and sensors, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OME 
会議コード 2017-11-OME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 熱電変換材料開発に向けたEDOT気相重合条件の最適化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Optimized condition of vapor phase polymerization of EDOT for thermoelectric conversion 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ポリ(3,4-エチレンジオキシチオフェン):PEDOT / Poly(3,4-ethylendioxthiophene):PEDOT  
キーワード(2)(和/英) 気相重合 / Vapor phase polymerization  
キーワード(3)(和/英) 熱電変換 / Thermoelectric  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平井 愛 / Mana Hirai / ヒライ マナ
第1著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小柴 康子 / Yasuko Koshiba / コシバ ヤスコ
第2著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀家 匠平 / Shohei Horike / ホリケ ショウヘイ
第3著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 森本 勝大 / Masahiro Morimoto / モリモト マサヒロ
第4著者 所属(和/英) 神戸大学/富山大学 (略称: 神戸大/富山大)
Kobe University/Toyama University (略称: Kobe Univ./Toyama Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 三崎 雅裕 / Masahiro Misaki / ミサキ マサヒロ
第5著者 所属(和/英) 神戸大学/近畿大学工業高等専門学校 (略称: 神戸大/近畿大高専)
Kobe University/Kinki University Technical College (略称: Kobe Univ./Kinki Univ. tech. col.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 福島 達也 / Tatsuya Fukushima / フクシマ タツヤ
第6著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 石田 謙司 / Kenji Ishida / イシダ ケンジ
第7著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-17 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OME 
資料番号 IEICE-OME2017-31 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.313 
ページ範囲 pp.21-26 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OME-2017-11-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会