電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-17 14:25
パッシブ後方散乱通信における完全同期センサーデータストリーミング
三次 仁ラジョリア ニティシュ慶大)・川喜田佑介市川晴久電通大ASN2017-80
抄録 (和) 本稿では、パッシブ後方散乱通信において、複数の端末が同時にセンサデータをストリーミングしても質問器側の信号処理によって同期性を失わずに分離できる新たな多元接続方式を提案する。この方法はパッシブ後方散乱通信における端末の高調波が数学的に推定可能である原理に基づいている。この干渉除去法を実装する際には、パッシブ後方散乱通信においてIQ 信号の分解能を向上するために実施するバイアス除去によるゼロクロス信号から高調波を精度よく求めることが問題となる。この問題に対してHilbert 変換を用いてゼロクロス信号を位相変調信号に変換し、高調波を求めた後に、再度ゼロクロス信号に投影する手法を考案し適用した。導出した手法はSimulink によるシミュレーションと、試作RF タグUSRP2952R、LabVIEW communications を用いた920MHz 帯における実験によって評価した。その結果、提案手法が同期性を維持したまま、複数端末からのデータストリーミングを実現できることを示す。 
(英) This paper proposes a novel multiple access method which enables concurrent sensor data streaming from multiple passive backscatter terminals. The interference cancellation among multiple streaming is done by producing harmonic replicas of backscatter signals. The challenge of this idea is the derivation of accurate harmonic replica from zero crossing signal which improves the signal resolution of inherently weak backscatter signal. This paper proposes a replica generation with an analytic signal produced by Hilbert Transformation. The produced harmonic replica is projected back to a zero cross signal to be subtracted from the received signal. Numerical simulation and prototype 920MHz system verify the theory and the implementation.
キーワード (和) 後方散乱通信 / ストリーミング / 干渉除去 / ソフトウェア無線 / / / /  
(英) backscatter communications / streaming / interference rejection / software radio / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 310, ASN2017-80, pp. 173-178, 2017年11月.
資料番号 ASN2017-80 
発行日 2017-11-09 (ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ASN2017-80

研究会情報
研究会 ASN  
開催期間 2017-11-16 - 2017-11-17 
開催地(和) 鶴岡市先端研究産業支援センター 
開催地(英)  
テーマ(和) 農業×情報通信ワークショップ 知的環境, 農業, 一般

農業情報学会連催 

テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2017-11-ASN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) パッシブ後方散乱通信における完全同期センサーデータストリーミング 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Concurrent Sensor Data Streaming in Passive Backscatter Communications 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 後方散乱通信 / backscatter communications  
キーワード(2)(和/英) ストリーミング / streaming  
キーワード(3)(和/英) 干渉除去 / interference rejection  
キーワード(4)(和/英) ソフトウェア無線 / software radio  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三次 仁 / Jin Mitsugi / ミツギ ジン
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) ラジョリア ニティシュ / Niitish Rajoria / ラジョリア ニティシュ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 川喜田 佑介 / Yuusuke Kawakita / カワキタ ユウスケ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 市川 晴久 / Haruhisa Ichikawa / イチカワ ハルヒサ
第4著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-17 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ASN 
資料番号 IEICE-ASN2017-80 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.310 
ページ範囲 pp.173-178 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ASN-2017-11-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会