電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-17 10:50
[ポスター講演]放射温度測定のための地上ノードとドローンを用いたセンサネットワーク
森部智也岡田 啓名大)・内藤克浩愛知工大)・小林健太郎片山正昭名大ASN2017-76
抄録 (和) 蒸散活動や光合成活動を推定する上で重要な生体情報である葉温は,放射温度計を用いる事で安価かつ非接触での測定が可能である.放射温度計を用いて圃場全体を被覆した葉温を測定するためには,ドローンと圃場に配置した地上ノードを併用してセンシングデータの補完を行うことが有効であると考えられる.ドローンは圃場全体の葉温測定を担い,センサノードでは定期的な葉温測定に加えドローンの測定値に対するグランドトゥルースを担う.測定値の補正のためには,ドローンで取得した葉温に対して同じ時刻・同じ場所でセンサノードが取得した葉温が必要となる.そこで本稿では,ドローンと地上ノードの位置・時間同期を可能にする通信プロトコルを用いた無線センサネットワーク(WSN: Wireless Sensor Network) を試作する.試作したWSNではドローンとセンサノードで同期が取れた葉温を取得できており,葉温の補正が十分可能であることを示す. 
(英) Leaf temperature has a lot of attention because it is important to estimate transpiration and photosynthesis activities and noncontact measurement is possible using an infrared thermometer. For efficient collection of the leaf temperature data over the entire farm, we use both a drone in the sky and sensor nodes on the ground that are both equipped with infrared thermometers. The drone measures the leaf temperature over the entire farm. The sensor nodes are placed near the crops in a part of the farm and measure the topical leaf temperature. The drone and the sensor nodes need to measure the leaf temperature at the same time and the same location for the calibration. In this study, we make a prototype of WSN using a communication protocol which enables the synchronization among the drone and the sensor nodes. The preliminary results of a prototype experiment show that the measurements are sufficiently synchronized for collecting useful leaf temperature data.
キーワード (和) 無線ネットワーク / 農業 / ドローン / 葉温 / 試作実験 / / /  
(英) wireless sensor networks / agriculture / drone / leaf temperature / prototype experiment / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 310, ASN2017-76, pp. 119-120, 2017年11月.
資料番号 ASN2017-76 
発行日 2017-11-09 (ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ASN2017-76

研究会情報
研究会 ASN  
開催期間 2017-11-16 - 2017-11-17 
開催地(和) 鶴岡市先端研究産業支援センター 
開催地(英)  
テーマ(和) 農業×情報通信ワークショップ 知的環境, 農業, 一般

農業情報学会連催 

テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2017-11-ASN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 放射温度測定のための地上ノードとドローンを用いたセンサネットワーク 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Sensor Network Combining Terrestrial Nodes and a Drone for Measuring Radiation Temperature 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線ネットワーク / wireless sensor networks  
キーワード(2)(和/英) 農業 / agriculture  
キーワード(3)(和/英) ドローン / drone  
キーワード(4)(和/英) 葉温 / leaf temperature  
キーワード(5)(和/英) 試作実験 / prototype experiment  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森部 智也 / Tomoya Moribe / モリベ トモヤ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 啓 / Hiraku Okada / オカダ ヒラク
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 内藤 克浩 / Katsuhiro Naito / ナイトウ カツヒロ
第3著者 所属(和/英) 愛知工業大学 (略称: 愛知工大)
Aichi Institute of Technorogy (略称: Aichi Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 健太郎 / Kentaro Kobayashi / コバヤシ ケンタロウ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 片山 正昭 / Masaaki Katayama / カタヤマ マサアキ
第5著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-17 10:50:00 
発表時間 60 
申込先研究会 ASN 
資料番号 IEICE-ASN2017-76 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.310 
ページ範囲 pp.119-120 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-ASN-2017-11-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会