お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-17 14:35
地中埋設物の三次元映像化 ~ LM法を用いた表面波成分削減の検討 ~
菊山雄太陶 良千葉工大US2017-71
抄録 (和) 地中埋設物を映像化する際には,地中埋設物からの反射波にレイリー波の干渉を受け,その影響で映像精度が大きく低下することがある。本研究では,レイリー波成分の削減方法について検討している。まず,レイリー波成分を数式モデル化し,測定した受信信号から地中反射波が到達する前のレイリー波成分を用いて最小二乗数値解析法より,数式モデルの各パラメーターを推定する。最小二乗法としては,Gauss-Newton法とLevenberg-Marquardt法をそれぞれ用いて比較検討した。更に本研究に用いたレイリー波の特性を考慮した初期値の設定方法について検討した。 
(英) When image the underground objects, the reflected waves from underground objects are interfered with Rayleigh wave, and this influence may cause a significant reduction in image quality. In this research, we study the method to reduce the Rayleigh wave component. First, Rayleigh wave components are mathematically modeled, and parameters of the mathematical model are estimated by the least-square numerical analysis method, comparing with the part of Rayleigh wave component before the underground reflected waves in the measured received signals. As the least-square method, the Gauss-Newton method and the Levenberg-Marquardt method were compared and discussed. In addition, the initial value setting method considering the characteristics of Rayleigh wave used in this work was studied.
キーワード (和) 地中映像化 / レイリー波 / Levenberg-Marquardt法 / 初期値 / / / /  
(英) Underground imaging / Rayleigh wave / Levenberg-Marquardt method / Initial value / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 311, US2017-71, pp. 37-39, 2017年11月.
資料番号 US2017-71 
発行日 2017-11-10 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2017-71

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2017-11-17 - 2017-11-17 
開催地(和) 本多電子株式会社 
開催地(英) Honda Electronics Co. Ltd. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2017-11-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 地中埋設物の三次元映像化 
サブタイトル(和) LM法を用いた表面波成分削減の検討 
タイトル(英) Three-dimensional underground imaging 
サブタイトル(英) Study on surface wave reduction method using LM algorithm 
キーワード(1)(和/英) 地中映像化 / Underground imaging  
キーワード(2)(和/英) レイリー波 / Rayleigh wave  
キーワード(3)(和/英) Levenberg-Marquardt法 / Levenberg-Marquardt method  
キーワード(4)(和/英) 初期値 / Initial value  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊山 雄太 / Yudai Kikuyama / キクヤマ ユウダイ
第1著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute Of Technology (略称: Chiba Inst. Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 陶 良 / Ryo Toh / トウ リョウ
第2著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute Of Technology (略称: Chiba Inst. Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-17 14:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2017-71 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.311 
ページ範囲 pp.37-39 
ページ数 IEICE-3 
発行日 IEICE-US-2017-11-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会