電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-17 10:10
IoTサービスにおけるデバイスの動的性に対応したBloom Filterによるデバイス探索手法
西村友洋竹内 亨NTTASN2017-75
抄録 (和) 近年,大量かつ多品種なIoTデバイスが,車などの移動体上を含む様々な状況下に配備され始めている.
このようなデバイスを用いたIoTサービスを安定して運用するには,不具合などの問題が発生した場合に,問題候補のデバイスを見つけ,様々なデータを取得し多角的に分析することが重要である.
しかし,IoTサービスはデバイス数が非常に多く,また各デバイスは頻繁に移動し接続関係が動的に変化するため,集中的に管理することは難しい.
またIoTデバイスは処理能力が小さいことも多く,通信コストはできる限り抑えて運用する必要がある.
本稿では,Bloom Filterを活用し少ない通信データ量でセンサデータを収集するとともに,同一ノード下のフィルタを1つのフィルタとして集約することで,局所的なデバイス移動においては部分的なフィルタ更新のみでデバイス探索を可能とするデバイス探索手法を提案する.
提案手法について,大規模な環境を想定したシミュレーション評価から通信データ量と探索メッセージ数を検証し,通信コストを抑えられることを確認した. 
(英) Recently, many IoT services are deployed in actual fields such as mobile phones, buildings, and cars.
In order to maintain the IoT services, the devices that encounter the problem have to be discovered, and the causes should be analyzed based on the sensing data on the device.
However, since huge number of devices move frequently in the assumed IoT environment, centralized management of devices is difficult.
Moreover, IoT devices have limited hardware resources, so that a processing time and communication costs must be lowered.
Therefore, a device discovery method using Bloom Filter as a routing table of sensing data is proposed in this paper.
Each device calculates the filter based on the sensing data, and the filters are summarized on the host node, so that the local movements of the devices affect only on the limited filters.
The simulation based on the assumed environment was performed, and the results show that the proposed method is scalable and feasible for the dynamics.
キーワード (和) Bloom Filter / デバイス探索 / 分散管理 / / / / /  
(英) Bloom Filter / Device Discovery / Distributed Management / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 310, ASN2017-75, pp. 113-117, 2017年11月.
資料番号 ASN2017-75 
発行日 2017-11-09 (ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ASN2017-75

研究会情報
研究会 ASN  
開催期間 2017-11-16 - 2017-11-17 
開催地(和) 鶴岡市先端研究産業支援センター 
開催地(英)  
テーマ(和) 農業×情報通信ワークショップ 知的環境, 農業, 一般

農業情報学会連催 

テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2017-11-ASN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) IoTサービスにおけるデバイスの動的性に対応したBloom Filterによるデバイス探索手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Device Discovery Method By Using Bloom Filter For Device Dynamics in IoT Services 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Bloom Filter / Bloom Filter  
キーワード(2)(和/英) デバイス探索 / Device Discovery  
キーワード(3)(和/英) 分散管理 / Distributed Management  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 友洋 / Tomohiro Nishimura / ニシムラ トモヒロ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 亨 / Susumu Takeuchi / タケウチ ススム
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-17 10:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ASN 
資料番号 IEICE-ASN2017-75 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.310 
ページ範囲 pp.113-117 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-ASN-2017-11-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会