電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-17 13:30
[招待講演]日立グループにおける農業の取組み ~ 農業関連事業及び研究ご紹介 ~
軽部 勲日立ASN2017-79
抄録 (和) 日本の農業において,「高齢化」「後継者不足」「耕作放棄地の増加」「低収益性」等の課題が顕在化している.これらの課題を解決するため,(株)日立製作所および日立グループでは生産性向上に向けた施策,および付加価値向上に向けた6次産業化の施策を検討してきた.生産性向上においては,リモートセンシング技術を中心とした研究およびシステムの開発,6次産業化においては自治体や他業種と連携したソリューションの開発を行ってきた.本稿では,まず生産管理システムとして農業情報管理システム「GeoMation Farm(ジオメーションファーム)」をはじめとした生産・作業管理GIS製品の紹介を行い,次に6次産業化に向けた取組みとして,自治体等と連携したソリューションやグループ内における流通BMI(Business Message Standards)の事例を紹介する.また,研究事例として,主にリモートセンシングを活用した過去の研究成果や,新ソリューション創生に向けた活動の紹介を行う. 
(英) Japanese agricultural sector is facing several risks such as "the aging farming population", "the shortage of successors”, “the increasing abandoned farmland” and “low profitability ". Japanese government and farmers has been deploying various efforts to eliminate these risks. Hitachi, Ltd. and its group companies are also trying to develop products to improve farming productivity and agricultural-commercial-industrial collaborative solutions to increase profits. In this paper, the author introduce some solution products and research themes. ICT solution products such as “GeoMation Farm”, which can manage farmland-related information using graphic information system (GIS) technology, are used by JAs and agricultural corporations to improve the farming efficiency, and some solutions considering the total value-chain of agricultural products are promoted with local governments. In research area, the author introduce some cases related to remote sensing technology and a trial to create a new solution.
キーワード (和) GIS / 6次産業化 / リモートセンシング / / / / /  
(英) geographic information system / agricultural-commercial-industrial collaboration / remote sensing / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 310, ASN2017-79, pp. 167-171, 2017年11月.
資料番号 ASN2017-79 
発行日 2017-11-09 (ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ASN2017-79

研究会情報
研究会 ASN  
開催期間 2017-11-16 - 2017-11-17 
開催地(和) 鶴岡市先端研究産業支援センター 
開催地(英)  
テーマ(和) 農業×情報通信ワークショップ 知的環境, 農業, 一般

農業情報学会連催 

テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2017-11-ASN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 日立グループにおける農業の取組み 
サブタイトル(和) 農業関連事業及び研究ご紹介 
タイトル(英) Agricultural Activities in Hitachi Group 
サブタイトル(英) Solution Products and Research Themes 
キーワード(1)(和/英) GIS / geographic information system  
キーワード(2)(和/英) 6次産業化 / agricultural-commercial-industrial collaboration  
キーワード(3)(和/英) リモートセンシング / remote sensing  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 軽部 勲 / Isao Karube / カルベ イサオ
第1著者 所属(和/英) 株式会社日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-17 13:30:00 
発表時間 40 
申込先研究会 ASN 
資料番号 IEICE-ASN2017-79 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.310 
ページ範囲 pp.167-171 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-ASN-2017-11-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会