お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-16 12:10
モバイルエッジコンピューティングにおける新規応用分野の提案
岩井貴充中尾彰宏東大NS2017-117
抄録 (和) モバイルエッジコンピューティング(MEC)は端末の近傍に計算資源を置くことで負荷を分散し遅延を低減することを目的としている。自動運転やコンテンツ配信などのユースケースがすでに提案されているが、低遅延・低負荷といったメリットに焦点が置かれており現状では応用範囲が限定的である。本論文では、画像認識といったモバイルアプリケーションでの負荷や遅延の要件を精査したのち、データやアプリケーションの観点からデータスケーラビリティ、アプリケーションスケーラビリティ、インテントドリブンネットワーク、ネットワーク機能のエッジでの部分的処理の4種類の新規応用分野を提案する。 
(英) Mobile Edge Computing (MEC) is expected to enable reduction of latency in communication and offload of data processing to computational resources placed close to user equipment. While use cases such as connected car, contents delivery, image processing, etc. have been already identified viable, they focus on the advantages of low latency and computation offload. However we posit that there are the other benefits in MEC that have not been identified that should need further studies. In this paper, we first survey the existing literatures for clarifying problems and the solutions. Then, we point out new advantages of MEC from the stand points of: (1) Data Scalability, (2) Application Scalability, (3) Intent Driven Network, and (4) Offloading Network Functionality.
キーワード (和) モバイルエッジコンピューティング / / / / / / /  
(英) Mobile Edge Computing / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 303, NS2017-117, pp. 33-38, 2017年11月.
資料番号 NS2017-117 
発行日 2017-11-09 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2017-117

研究会情報
研究会 ICM CQ NS NV  
開催期間 2017-11-16 - 2017-11-17 
開催地(和) 高松センタービル 
開催地(英)  
テーマ(和) ネットワーク品質,ネットワーク計測・管理,ネットワーク仮想化,ネットワークサービス,および一般.

注:この開催では発表申込み締切日が異なります.
- ICM/CQ/NS研究会:9/19
- NV研究会:10/19
NV研究会への発表申込は「詳細はこちら」からお願いします。 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2017-11-ICM-CQ-NS-NV 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) モバイルエッジコンピューティングにおける新規応用分野の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal on New Application Field of Mobile Edge Computing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) モバイルエッジコンピューティング / Mobile Edge Computing  
キーワード(2)(和/英) /  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩井 貴充 / Takamitsu Iwai / イワイ タカミツ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: UTokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中尾 彰宏 / Akihiro Nakao / ナカオ アキヒロ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: UTokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-16 12:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2017-117 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.303 
ページ範囲 pp.33-38 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2017-11-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会