電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-16 15:20
[ポスター講演]測定深度選択可能なセンサ電極交換式土壌水分プロファイルプローブ
繁田 亮東大)・宮元直也SenSprout)・川原圭博東大ASN2017-72
抄録 (和) センサデータに基づいた灌漑制御により水資源利用効率の向上や農業生産性の向上が期待されている.精緻な土壌水分管理にあたっては複数深度の土壌水分量を把握する必要があり,複数深度の水分量を一括測定可能な土壌水分プロファイルプローブが有用である.しかし,圃場毎に測定したい深度は異なるため,測定深度はカスタマイズ可能であることが望ましい.そこで,我々はセンサ電極を交換可能にすることで測定深度を選択できるプロファイルプローブを開発した.本稿では,その設計及び施設園芸における実証実験について述べる. 
(英) Precise soil management based on sensor data contributes to enhance farming productivity. Various soil parameters in multiple depth need to be measured for appropriate soil management. These parameters should be monitored by a single sensor, while customizable measurement depths and target parameters are preferred to meet various demands on soil monitoring. Therefore, we develop compatible sensor electrodes and unified loggers to make sensing targets and sensing depths selectable.
キーワード (和) ワイヤレスセンサネットワーク / 精密農業 / 土壌水分センサ / / / / /  
(英) Wireless sensor networks / Precision farming / Soil moisture sensor / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 310, ASN2017-72, pp. 59-64, 2017年11月.
資料番号 ASN2017-72 
発行日 2017-11-09 (ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ASN2017-72

研究会情報
研究会 ASN  
開催期間 2017-11-16 - 2017-11-17 
開催地(和) 鶴岡市先端研究産業支援センター 
開催地(英)  
テーマ(和) 農業×情報通信ワークショップ 知的環境, 農業, 一般

農業情報学会連催 

テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2017-11-ASN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 測定深度選択可能なセンサ電極交換式土壌水分プロファイルプローブ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Measurement Depth Selectable Soil Moisture Profile Probe with Compatible Sensor Electrodes 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ワイヤレスセンサネットワーク / Wireless sensor networks  
キーワード(2)(和/英) 精密農業 / Precision farming  
キーワード(3)(和/英) 土壌水分センサ / Soil moisture sensor  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 繁田 亮 / Ryo Shigeta / シゲタ リョウ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: U-Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮元 直也 / Naoya Miyamoto / ミヤモト ナオヤ
第2著者 所属(和/英) 株式会社SenSprout (略称: SenSprout)
SenSprout Inc. (略称: SenSprout)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 川原 圭博 / Yoshihiro Kawahara /
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: U-Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-16 15:20:00 
発表時間 60 
申込先研究会 ASN 
資料番号 IEICE-ASN2017-72 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.310 
ページ範囲 pp.59-64 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ASN-2017-11-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会