電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-16 11:45
[依頼講演]アドホックネットワークにおける中継領域を絞り込んだOpportunistic Routing
山崎 託早大)・山本 嶺電通大)・三好 匠芝浦工大)・朝香卓也首都大東京)・田中良明早大NS2017-116
抄録 (和) アドホックネットワークでは,端末移動によるトポロジーの変化や電波干渉による通信品質の変化が頻発するため,パケット転送ごとに中継端末を動的に選択するOR(Opportunistic routing)が有効である.従来手法では,各端末が自律的に中継に参加することでトポロジーの変化に対応し,各端末が待機時間に基づき転送の可否を決定することで通信品質の変化に対応している.しかし,この手法では,各中継での待機による追加遅延の発生や,各端末が自律的に中継に参加することによる中継領域の拡大が問題となる.本発表では,これらの問題を解決するため,我々が提案した手法の解説を行うとともに,提案手法の比較を行う. 
(英) In ad hoc networks, terminals' mobility and wireless interferences cause degradation of communication quality and variation of network topology. To solve the problems, backoff-based OR (opportunistic routing) protocols, which dynamically select forwarders on every packet forwarding based on a backoff time, have been proposed. However, the conventional protocols increase delay arise from the backoff time as well as network load since the terminals in network autonomously become potential forwarders. In this presentation, we introduce our proposed backoff-based OR protocols that have been proposed to solve the above problems. In addition, we compare the performance of the proposed protocols with conventional ones.
キーワード (和) アドホックネットワーク / Opportunistic routing / 転送待機時間 / 中継領域 / / / /  
(英) Ad hoc network / Opportunistic routing / Backoff time / Forwarding area / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 303, NS2017-116, pp. 29-32, 2017年11月.
資料番号 NS2017-116 
発行日 2017-11-09 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2017-116

研究会情報
研究会 ICM CQ NS NV  
開催期間 2017-11-16 - 2017-11-17 
開催地(和) 高松センタービル 
開催地(英)  
テーマ(和) ネットワーク品質,ネットワーク計測・管理,ネットワーク仮想化,ネットワークサービス,および一般.

注:この開催では発表申込み締切日が異なります.
- ICM/CQ/NS研究会:9/19
- NV研究会:10/19
NV研究会への発表申込は「詳細はこちら」からお願いします。 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2017-11-ICM-CQ-NS-NV 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アドホックネットワークにおける中継領域を絞り込んだOpportunistic Routing 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Opportunistic Routing by Narrowing Forwarding Areas in Ad Hoc Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アドホックネットワーク / Ad hoc network  
キーワード(2)(和/英) Opportunistic routing / Opportunistic routing  
キーワード(3)(和/英) 転送待機時間 / Backoff time  
キーワード(4)(和/英) 中継領域 / Forwarding area  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 託 / Taku Yamazaki / ヤマザキ タク
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 嶺 / Ryo Yamamoto / ヤマモト リョウ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: The Univ. of Electro-Communications)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三好 匠 / Takumi Miyoshi / ミヨシ タクミ
第3著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 朝香 卓也 / Takuya Asaka / アサカ タクヤ
第4著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 良明 / Yoshiaki Tanaka / タナカ ヨシアキ
第5著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-16 11:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2017-116 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.303 
ページ範囲 pp.29-32 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NS-2017-11-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会