電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-16 13:50
[ポスター講演]シリコン欠陥中心内包ナノダイヤモンドの作製
岩端祐介福田 純高島秀聡京大)・Andreas W. SchellICFO)・阿部浩之小野田 忍大島 武QST)・竹内繁樹京大
抄録 (和) ダイヤモンド中のカラーセンターは量子情報や量子計測、バイオセンシング等への応用が期待されている。カラーセンターの一種であるシリコン欠陥中心(SiVセンター)は、室温においても発光の約80%がゼロフォノン線に集中しているという特徴を持ち、新たな単一光子源として注目されている。SiVセンターの作製方法としては、バルクダイヤモンドを用いた手法が一般的であったため、SiVセンターを内包するナノダイヤモンドを作製することが課題であった。そこで、今回我々は、新たな手法としてナノダイヤモンドに直接シリコンイオンを注入することでSiVセンターの作製を試みた。 
(英) Color centers in diamond have merged as versatile tools for quantum information, quantum metrology and bio-sensing. Recently, the negatively charged silicon-vacancy (SiV-) centers in diamond are attracted as single-photon source because the emission from them is concentrated to about 80% into its zero-phonon line even at room temperature. So far, the SiV- centers have been fabricated in bluk diamond. Thus, it is difficult to make nanodiamonds with SiV- centers. Here, we report our research on the realization of SiV- centers using direct Si ion implantation into nanodiamonds.
キーワード (和) ダイヤモンド / シリコン欠陥中心 / 単一光子源 / / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 QIT  
開催期間 2017-11-16 - 2017-11-17 
開催地(和) 埼玉大学 
開催地(英) Saitama University 
テーマ(和) 量子情報, 一般 
テーマ(英) Quantum Information 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 QIT 
会議コード 2017-11-QIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) シリコン欠陥中心内包ナノダイヤモンドの作製 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The realization of silicon-vacancy centers in nanodiamonds 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ダイヤモンド /  
キーワード(2)(和/英) シリコン欠陥中心 /  
キーワード(3)(和/英) 単一光子源 /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩端 祐介 / Yusuke Iwabata / イワバタ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 純 / Atsushi Fukuda /
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高島 秀聡 / Hideaki Takashima /
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Andreas W. Schell / Andreas W. Schell /
第4著者 所属(和/英) ICFO - The Institute of Photonic Sciences (略称: ICFO)
ICFO - The Institute of Photonic Sciences (略称: ICFO)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿部 浩之 / Hiroshi Abe /
第5著者 所属(和/英) 国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構 高崎量子応用研究所 (略称: QST)
National Institutes for Quantum and Radiological Science and Technology, Takasaki Advanced Radiation Research Institute (略称: QST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野田 忍 / Shinobu Onoda /
第6著者 所属(和/英) 国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構 高崎量子応用研究所 (略称: QST)
National Institutes for Quantum and Radiological Science and Technology, Takasaki Advanced Radiation Research Institute (略称: QST)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 大島 武 / Takeshi Ohshima /
第7著者 所属(和/英) 国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構 高崎量子応用研究所 (略称: QST)
National Institutes for Quantum and Radiological Science and Technology, Takasaki Advanced Radiation Research Institute (略称: QST)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 繁樹 / Shigeki Takeuchi /
第8著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-16 13:50:00 
発表時間 90 
申込先研究会 QIT 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会