電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-15 17:00
[招待講演]波長選択スイッチにおける高機能化の動向
小栗淳司古河電工PN2017-31
抄録 (和) 波長選択スイッチは、光ネットワークの光パスの再構築に対応するうえで欠かすことのできない重要なモジュールである。
今回、波長選択スイッチの開発動向について紹介する。最初に、弊社の開発成果も踏まえながら、帯域可変への対応やポート数の増加に関する開発について説明する。次に、新たな付加機能に関する報告例について紹介する。また、複数入力と複数出力を持つ波長選択クロスコネクトの報告例についても紹介する。 
(英) Wavelength selective switches are significant modules to configure reconfigurable optical networks.
Developments for flexible grid and increasing port count of wavelength selective switches are reviewed. Trends of development of wavelength selective switches to advanced functionalities are also reviewed. Furthermore reports on wavelength selective cross-connects, which have multiple input port and multiple output, are introduced.
キーワード (和) WSS / ROADM / / / / / /  
(英) WSS / ROADM / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 298, PN2017-31, pp. 23-28, 2017年11月.
資料番号 PN2017-31 
発行日 2017-11-08 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード PN2017-31

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2017-11-15 - 2017-11-16 
開催地(和) 工学院大学 
開催地(英) Kogakuin Univ. 
テーマ(和) エラスティックネットワーク、フレキシブルネットワーク、光ネットワーク制御・プロトコル、トランスポートSDN、IPバックボーン、空間多重(SDM)、モード多重、光ネットワークデバイス、JPNモデル、EXATおよび一般 
テーマ(英) Elastic Optical Networks, Flexible Networks, Optical Network Control/Protocol, Transport SDN, IP Backbone, SDM, Mode Division Multiplexing, Photonic Network Devices, JPN Model, EXAT, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2017-11-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 波長選択スイッチにおける高機能化の動向 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Recent advances in wavelength selective switches 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) WSS / WSS  
キーワード(2)(和/英) ROADM / ROADM  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小栗 淳司 / Atsushi Oguri / オグリ アツシ
第1著者 所属(和/英) 古河電気工業株式会社 (略称: 古河電工)
Furukawa Electric Co., Ltd. (略称: Furukawa Electric)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-15 17:00:00 
発表時間 45 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2017-31 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.298 
ページ範囲 pp.23-28 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PN-2017-11-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会