お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-11 10:30
細粒度履歴を用いたプログラムの変更の方略推測支援ツール
髙山源貴山田善隆橋浦弘明日本工大)・田中昂文東京農工大)・櫨山淳雄学芸大)・高瀬浩史日本工大KBSE2017-29
抄録 (和) ソフトウェア開発は複数人によるプロジェクトを組んで行われる.開発が終了するとプロジェクトは解散してしまうため,保守や改良等はプログラムの原作者が行うとは限らない.このような場合において,開発者はプログラムに含まれている意図を理解してから,プログラムに変更を加える必要がある.本研究では,プログラムの作成過程から動作の意図を推測するということを目的とし,細粒度作業履歴の記録と再現を行う環境を構築するとともに,ソフトウェアのメトリクスについても記録,可視化をする環境を構築した.そして,プログラムの変更の意図を推測することを支援することがどのようにプログラムに影響を与えるか分析し,実験の結果からプログラムの完成に影響があることが分かった. 
(英) A software development is often put into effect with a project by plural people. However, not always continues to maintain and enhance it by the person who developed it. Therefore, an other developer need to make a change after understanding a program. The aim of this study is intention guess of the action from programing process. We develop a tool for capture and replay to fine-grained development record. Also, the tool has a function to calculate the software metrics and to visualize the metrics. And we analyzed how it affected the program that we supported the intention guess of the action for the change of the program. As a result of the experiment, we conclude that the tool influence a completion of a program.
キーワード (和) 細粒度履歴 / プログラム理解 / IDE / / / / /  
(英) Fine-grained history / program comprehension / IDE / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 295, KBSE2017-29, pp. 19-24, 2017年11月.
資料番号 KBSE2017-29 
発行日 2017-11-03 (KBSE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード KBSE2017-29

研究会情報
研究会 KBSE  
開催期間 2017-11-10 - 2017-11-11 
開催地(和) 熱海第一ビル5階C会議室 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 KBSE 
会議コード 2017-11-KBSE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 細粒度履歴を用いたプログラムの変更の方略推測支援ツール 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Support Tool for Program Comprehension Utilizing Fine-Grained Development Records 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 細粒度履歴 / Fine-grained history  
キーワード(2)(和/英) プログラム理解 / program comprehension  
キーワード(3)(和/英) IDE / IDE  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 髙山 源貴 / Genki Takayama / タカヤマ ゲンキ
第1著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 善隆 / Yoshitaka Yamada / ヤマダ ヨシタカ
第2著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: NIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋浦 弘明 / Hiroaki Hashiura / ハシウラ ヒロアキ
第3著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: NIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 昂文 / Takafumi Tanaka / タナカ タカフミ
第4著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TAT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 櫨山 淳雄 / Atsuo Hazeyama / ハゼヤマ アツオ
第5著者 所属(和/英) 東京学芸大学 (略称: 学芸大)
Tokyo Gakugei University (略称: TGU)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 高瀬 浩史 / Hiroshi Takase / タカセ ヒロシ
第6著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: NIT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-11 10:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 KBSE 
資料番号 IEICE-KBSE2017-29 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.295 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-KBSE-2017-11-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会