電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-11 14:30
力学問題における速度・重量の観測器を導入した誤りの可視化による学習支援システムの開発
植野 和東本崇仁東京工芸大)・堀口知也神戸大)・平嶋 宗広島大ET2017-60
抄録 (和) 初等力学の学習において,学習者の誤答に対応するおかしなふるまいを生成し,学習者自身による誤りの気づきを誘発する学習支援システムとして,Error-Based Simulationが提案されている.しかし,従来のEBSにおいては,物体に対する解答のシミュレーションを誤りとして見せることが難しい状況が存在した.本研究では,このような可視化困難な状況に対して,速度や重量の情報を可視化することで従来のEBSの補完的な学習が行えると考え,速度や重量の観測器を導入したEBSを開発した.本稿では,開発したシステムについて報告するとともに,試用実験を行ったため,その評価を報告する. 
(英) Learning in Physics, Error-based Simulation(EBS) that is a learning support system to generate strange behavior based on learners’ errors is proposed. In several cases in previous EBS, it is difficult for learners to recognize different between correct behavior and strange behavior. In this research, we provide implementing measurements about speed and weight. We guess the measurements can support visualizing concepts which is difficult to visualize on previous EBS. In this paper, we report our developed system and result of trial experiments.
キーワード (和) 力学学習 / Error-Based Simulation / 誤りの気づき / 観測器を用いた可視化 / / / /  
(英) Learning in Physics / Error-Based Simulation / Error-Awareness / Visualization with measurement / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 296, ET2017-60, pp. 41-46, 2017年11月.
資料番号 ET2017-60 
発行日 2017-11-04 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2017-60

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2017-11-11 - 2017-11-11 
開催地(和) 上智大学 
開催地(英) Sophia Univ. 
テーマ(和) 50周年研究会/一般 
テーマ(英) 50th Memory Technical Committee Conference, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2017-11-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 力学問題における速度・重量の観測器を導入した誤りの可視化による学習支援システムの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of a Error based Simulation with Speed and Weight Measurement in Physics 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 力学学習 / Learning in Physics  
キーワード(2)(和/英) Error-Based Simulation / Error-Based Simulation  
キーワード(3)(和/英) 誤りの気づき / Error-Awareness  
キーワード(4)(和/英) 観測器を用いた可視化 / Visualization with measurement  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 植野 和 / Urara Ueno / ウエノ ウララ
第1著者 所属(和/英) 東京工芸大学 (略称: 東京工芸大)
Tokyo Polytechnic University (略称: Tokyo Polytechnic Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 東本 崇仁 / Takahito Tomoto / トウモト タカヒト
第2著者 所属(和/英) 東京工芸大学 (略称: 東京工芸大)
Tokyo Polytechnic University (略称: Tokyo Polytechnic Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀口 知也 / Tomoya Horiguchi / ホリグチ トモヤ
第3著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 平嶋 宗 / Tsukasa Hirashima / ヒラシマ ツカサ
第4著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-11 14:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2017-60 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.296 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2017-11-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会