電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-11 15:20
リスクアセスメント能力向上のためのセキュリティインシデント対応訓練システムの設計
山崎勇二後藤田 中林 敏浩八重樫理人最所圭三香川大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 大学において端末がマルウェアに感染する情報セキュリティインシデントの発生が問題となっている.それに伴って対応を行うCSIRTが組み込まれる大学が増加している.しかし,全てのCSIRTが体制として適切な能力を持っていないのが現状と考えられる.その要因の一つとして,経験の少ないメンバの,インシデントに対するリスクへのアセスメント能力不足が挙げられる.そこで,本研究では,インシデント対応に熟練したリスクアセスメント能力の高いCSIRTメンバの行った対応の結果と,それに紐づく根拠やリスクに基づき,対応訓練システムを設計した.これにより,経験の少ないメンバのリスクアセスメント能力向上を目指す. 
(英) The occurrence of information security incidents where terminals maliciously infect malware is a problem at universities. Universities incorporating CSIRT to deal with it are increasing. However, it is currently the case that all the CSIRT could not be the enough structure to respond appropriately. One of the factors is the lack of the ability to assess risks to the incidents on less experience members. Therefore, in this research, we designed a response training system based on the results of response by CSIRT members with high risk assessment ability, who are skilled in handling incidents, in addition to the rationale and risks associated therewith. We aim to improve less experience member’s risk assessment ability.
キーワード (和) 情報セキュリティ / インシデント対応 / リスクアセスメント / 訓練システム / / / /  
(英) Information Security / Incident Response / Risk Assessment / Training System / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 296, ET2017-62, pp. 53-56, 2017年11月.
資料番号 ET2017-62 
発行日 2017-11-04 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2017-11-11 - 2017-11-11 
開催地(和) 上智大学 
開催地(英) Sophia Univ. 
テーマ(和) 50周年研究会/一般 
テーマ(英) 50th Memory Technical Committee Conference, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2017-11-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) リスクアセスメント能力向上のためのセキュリティインシデント対応訓練システムの設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design of Security Incident Response Training System for Improving Risk Assessment Ability 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 情報セキュリティ / Information Security  
キーワード(2)(和/英) インシデント対応 / Incident Response  
キーワード(3)(和/英) リスクアセスメント / Risk Assessment  
キーワード(4)(和/英) 訓練システム / Training System  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 勇二 / Yuji Yamasaki / ヤマサキ ユウジ
第1著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤田 中 / Naka Gotoda / ゴトウダ ナカ
第2著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 敏浩 / Toshihiro Hayashi / ハヤシ トシヒロ
第3著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 八重樫 理人 / Rihito Yaegashi / ヤエガシ リヒト
第4著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 最所 圭三 / Keizo Saisho / サイショ ケイゾウ
第5著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-11 15:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2017-62 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.296 
ページ範囲 pp.53-56 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-ET-2017-11-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会